FC2ブログ

目黒川の桜と「スターバックス リザーブ ロースタリー」

目黒に行ったので、目黒川沿いの桜を見物しながら、今話題の中目黒に、今年2月28日開店して「スターバックス リザーブ ロースタリー」へ行きました。
まずは、目黒駅側から中目黒への現在名代の桜名所の「目黒川さくらまつり」。
目黒川 ビル 桜

目黒川 桜で歩く

目黒川さくら祭

まさに満開 目黒の桜

「スターバックス リザーブ ロースタリー」建物
「スターバックス リザーブ ロースタリー」は、カフェ、焙煎所、セミナールームを併設した体験型施設。人気で整理券が配られています。並んで、やっと入館することができます。しかしなかなか席が取れません。
壁の飾り
やっと席が取れたら、注文。ゆっくりコーヒーを味わいました。
ロースタリー 高さ約17mの桜が施された銅板のキャスク
自然と和が調和した空間では、4階まで届く高さ約17mの桜が施された銅板のキャスク(豆を貯蔵するタンク)が存在感を放ちます。
コーヒー豆が流れています。
普通のスタバの約15倍の広さを有する店内では焙煎工場を併設され、巨大な焙煎機から出てくる焙煎されたばかりの豆や、店内に張り巡らされた透明なチューブを通る前の様子を見る事ができます。
「ロースタリー」縁側
設計・建築を行った隈研吾氏は、太宰府天満宮表参道店に次ぐコラボレーションだそうです。店舗について「各階にあるテラスは“縁側”をイメージしました。これは新しい建築的なチャレンジとなりました。日本の感性を活かしたデザインで、自分でもびっくりするようなインテリアデザインを成し遂げたと思っています」と、記事にでていました。
世界で5番目、日本では初のロースタリー。日本の新たな名所(シンボル)となるように、「日本各地でみられる自然の美しさとの融合を空間デザインが取り入れている。天井まで延びる広がりあるガラス面と、あたたかな木のぬくもりを感じるテラス席は、まさに自然と調和している」ですが、とにかく大勢の人でなかなか実感はできませんでした。
落ち着いたら、もう一度行ってみたいと思っています。
ロースタリー縁側2


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR