FC2ブログ

光前寺の本堂の興味深い彫刻

光前寺本堂
光前寺の本堂は、嘉永4年(1851)に再建されたということですが、彫り物も見事です。左右2体の彫り物が目に入ります。遠くから見ると猿かなと思ったのですが、
カメラのズームでねらうと、「童子」という感じです。
背中に背負っているのは、龍のしっぽと思ったのですが、本堂の前から撮った写真では、頭はどちらかと言うと獅子頭のようです。でも龍でしょうね。
すべて不明ですが、とても気になった彫刻なので、載せておきます。
不思議な彫り物 右
不思議な彫り物 右
本堂の不思議な彫刻 左
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ドキドキしながら書き込みしてます!

只今、私初体験中(笑)
こうやってコメントするの初めてなんですよ(・∀・)

一種の告白みたいで照れますが…
作州浪人さんの言葉の選び方好きだなって思いました。

素直な言葉って印象でストレートに言葉が溶けこんで来るというか☆
単純にすごいなとも思いましたo(≧∇≦o)

私…もうずっと良い事なくて。。
自暴自棄までは行ってないんですけどほぼ近い状態で(汗)

だから思い切って連絡しました(*´∀`)
迷惑であればコメント即消してくださいね。

緊張しながらも楽しみに作州浪人さんからの連絡待ってます(´∀`)
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR