FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代田橋へ行って、玉川上水を眺めました。

代田橋に行きました。
帰って、いろいろ調べているうちに知ったのですが、「代田」の地名の由来に、伝説の巨人・ダイダラポッチから、との説が出ていました。ダイダラポッチの伝説は日本各地にあり、例えば、富士山を作ったのも彼で、その足跡が浜名湖になったという伝説があるぐらいスケールも大きい巨人伝説です。
ダイダラポッチ足跡は、水の涸れることのない肥沃な窪地となると伝えます。
そのダイダラポッチの伝説がここにあり、ダイタの名前がついたのです。  柳田國男の『ダイダラ坊の足跡』(昭和2年)に次のように出ています。
「ダイタの橋から東南へ五六町、その頃はまだ畠中であつた道路の左手に接して、長さ約百間もあるかと思ふ右片足の跡が一つ、爪先あがりに土深く踏みつけてある、と言つてもよいやうな窪地があった。内側は竹と杉若木の混植で、水が流れると見えて中央が薬研になつて居り、踵のところまで下るとわづかな平地に、小さな堂が建つてその傍に湧き水の池があつた。即ちもう人は忘れたかも知れないが、村の名のダイタは確かにこの足跡に基いたものである。」
そのダイダラポッチが一晩で橋を架けたとの伝承が、足跡といわれる窪地とともに残されていたようです。
代田橋は玉川上水が甲州街道を越えるあたりに架かっていました。『新編武蔵風土記稿』には、「わずかにしてさしたる橋にはあらざれど、甲州海道の内にて旅人ここを目当てとして往来すれば、その名も世に聞こえし橋なり」、とあります。そして代田橋の袂には水番所があったようです。
代田橋 玉川上水
玉川上水が、代田橋駅北、甲州街道の南に街道から離れ、幅2mほどの開渠となって復活しています。流れはすぐに京王線の下をくぐり、ゆずり橋へと進みます。
その流れを見てきました。距離としては150m程度ですが、ちょっとした渓谷の風情を漂わせています。明治風煉瓦造りの護岸もありました。
橋を潜った先には赤煉瓦のアーチ橋。ここは和田堀給水所からの配水管が渡る「玉川上水第一号橋」と呼ばれる橋でしたが、老朽化に伴い掛け替え、その時、橋名を公募して「ゆずり橋」となりましたが、その名前は「譲り合いの精神」から来た、ということです。その橋から玉川上水を眺めました。
代田橋 代田橋駅下を通る玉川上水

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。