FC2ブログ

井の頭街道の碑

和泉給水所
甲州街道と井の頭通りが交差する松原交差点の角に立つ和泉給水所に碑が建っています。その碑には、「井の頭街道」と書かれ、「文麿」の落款があります。荻窪に住んでいた近衛文麿が議会へ通うのに利用していた水道道路に、「井の頭街道」の名前を付けたようです。
井の頭街道の碑
ちなみに、この碑は、昭和13年(1938)10月に府会議員吉野豊次郎の寄付により杉並区が建てたものです。現在、この道は、「井の頭街道」とは言わないで、「井の頭通り」と呼ばれています。
和泉給水所のそばには、まだ、「水道横丁」というバス停もあります。
杉並風土記によると、「大正13年に境浄水場から、世田谷区松原に有る和田堀給水場まで約10.7キロの間に、直径1.9メートルの送水管が施設され、次いで、昭和8年に第二送水管、同34年に東村山浄水場と朝霞浄水場から第三送水管が施設され、城西地区の水道の大動脈となった」とあります。
つまりは、境浄水場から和田堀給水所までの間に水道管を敷設するための施設用地、つまり交通には使わなかった道を交通道路に転用したために、以前は水道道路と呼ばれていたところが、後に近衛文麿元首相によって「井の頭街道」と命名され、その後東京都によって井ノ頭通りと改められた、ということです。
最近まち歩きが重なって、時間余裕を無くしていて、このブログも休みがちですが、実は、この前、下落合を歩きました。その下落合一帯は、明治から大正にかけて、広大な近衛邸敷地があった所です。しかし、文麿の父、篤麿が莫大な借金を残して伝染病で死んでしまったため、近衛文麿は大正11年ごろから、下落合の広大な近衛邸敷地を売りに出し、昭和13年ごろ、荻窪の「荻外荘(てきがいそう)に移り住んでいます。つまり、そのことで、荻窪の家から車で議会に通う道として、それまで、車を通していなかった水道道路を、「井の頭街道」と命名して、車の通れる道路にしたようです。
いろいろ歩いていると、どこかで繫がってくるものです。
前回の「ウィリアム・メレル・ヴォーリズ」も、若葉町から下落合に繫がりました。今回、近衛文麿で、「下落合散策」と「水道道路を歩く」が繫がりました。
スポンサーサイト



ツチグリ ・「晴天の旅行者」「晴雨計」

久しぶり、午後から雨というので、午前中自然教育園に行きました。奥の方に行くと、多くの人がベンチの下をのぞき込んでいました。
何だろうと思ってそばに行くと、ブローチにしたいという声が聞こえましたが、半を開いたような形のもがありました。
何ですかと聞くと、「ツチグリ(土栗)」というキノコでした。
ツチグリ
別名ツチガキ(土柿)。木の実のように見えますが、実は腹菌類のキノコです。
星形の外皮は、湿っているときは開いていますが、乾くと再び閉じて球状になるようです。そのとき内部の袋を押しつぶし、袋の中の胞子を飛散させるのだとか。
面白かった時に、球状になると風に吹かれて地上を転がって移動するのだそうです。そのように、晴れた日に移動することから、「晴天の旅行者」とも呼ばれるとかで、ちょっと不思議な生きもののように思いました。
また、湿度によって、外側の皮(外皮)を閉じたり開いたりするので、きのこの「晴雨計」ともいわれることもあるようで、なるほど人気を呼ぶのが分かります。


ウィリアム・メレル・ヴォーリズのこと

ウイリアム・メレル・ヴォーリズ
ウィリアム・メレル・ヴォーリズは明治13年(1880)に、米国のカンザス州レブンワースで生まれました。
敬虔なクリスチャンで、YMCAの活動を通じて、キリスト教の伝道師になりました。伝道師として、明治38(1905)に、滋賀県立八幡商業学校(現滋賀県立八幡商業高等学校)の英語科教師として来日しました。
しかし、教職は、わずか2年ほどで解職の憂き目にあったが、かえってそれが幸いして、以後、多方面な分野で活躍する事となりました。
建築家ヴォーリズは、明治の終わりから、昭和18年の38年間に西洋の息吹を感じさせる多くの建築物を日本に残しました。
その数は、実に1600に及ぶと言われます。
代表的な建築としては、大丸心斎橋店、旧大同生命ビル、山の上ホテル、関西学院大学、同志社大学、神戸女学院などがあります。
建築分野で一定の成功をおさめた大正7(1918)年、国内に結核が大流行しました。彼は、結核患者のために、近江療養院(現在のヴォーリズ記念病院)を設立しました。患者は全国各地から集まりました。
その翌年、ヴォーリズは、大正8年(1919)、39歳で日本人女性と結婚します。その相手は、華族・子爵家の令嬢、一柳満喜子でした。一柳家は、明治以前は、播磨小野藩(現・兵庫県小野市)を治めた大名でしたから、いろいろと障害がありましたが、めでたく結ばれ、妻となった満喜子夫人はヴォーリズの良き理解者・協力者として、近江八幡に移り住み、あらゆる人々とわけへだてなくて交流し、家事も自ら切り盛りしました。
昭和16年(1941)、ヴォーリズは、日本に帰化し、日本名「一柳米来留8ひとつやなぎ めれる」」となります。
姓は妻の実家であり、下の名は、自身の英名「メレル」と、「米国から来たりて日本に留まる」というところからきていそうです。
さて、ヴォーリズは、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもありました。
メンソレータム
いつのころからか、メンソレータムは、日本全国どこの家にも必ず一つはあったと思います。
メンソレータムは、もともとは米国のメンソレータム社 (The Mentholatum Company, Inc.) が19世紀に開発した製品で、これを大正9年(1920)に、近江兄弟社という会社がライセンス契約を取得して、国内で製造・販売をはじめました。
そして、こうした事業で得た利益を社会に還元すべく、 病院・学校・図書館や、出版・通信事業などの社会奉仕事業を次々に興し、ビジネスと社会奉仕が、互恵の関係を帯びながら、近江八幡を拠点として 近江兄弟社グループを形成していったのです。
現在、近江兄弟社は、「メンターム」の商標を使い、ロート製薬が、「メンソレータム」の商標を使っています。
メンターム
もう一つ、ヴォーリズは、終戦直後、近衛文麿の密使として、昭和天皇を、戦犯第一人者として考えていたマッカーサー元帥に進言し、戦争責任を回避、昭和天皇を守る事に寄与したといわれます。
近衛文麿の依頼を受けて、近衛とマッカーサーの会見の設定、及び、
天皇が連合軍の考えているような軍国主義者ではないという、近衛の意向を単身横浜キャンプに乗り込み、副官を通じて伝えました。
昭和39(1964)年、83歳で、ヴォーリズは生涯愛し続けた近江八幡市で永眠しました。人生のほとんどすべてを日本のためにささげました。

東京若葉キリスト教会

「東京若葉キリスト教会」入り口側 外観
四谷駅から迎賓館へ向かって、四谷見附公園の近くに「東京若葉キリスト教会」があります。この建物がウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)ゆかりの建物だということで、新宿区の地域文化財になりました。
明治34年(1901)に、アメリカの宣教師カニングハムが来日し、四谷に礼拝堂を建設したのが起源だということです。現在の建物は3度建て替えられています。1回目は明治36年、最初の教会が照られました。
2回目が昭和13年(1938)で、この建物は、昭和19年(1942)空襲に備えて壊されてしまいます。これが、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計した建物でした。
「東京若葉キリスト教会」道路側面
窓 「東京若葉キリスト教会」
内「東京若葉キリスト教会」
そして、昭和23年(1948)に3番目に建てられますが、ウィリアム・メレル・ヴォーリズの設計をそのまま蹈襲しました。
平成23年(2011)の3・11の地震で被災して傷みましたが、平成25根修復工事をしましたが、大幅な変更はしませんでした。被災した文化財の再生事例としても注目される建物になっています。
この木々もむかしからあったか
教会の回りの樹木はいつごろから、いっしょにいるのだろうと思いました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家です。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR