FC2ブログ

両国界隈散策

両国橋と柳橋
江戸最大の火事、明暦3年(1657)の大火の時、隅田川に両国橋は架かっておらず、そのうえ浅草見附の橋が通行止めになったため、行き場を失い川で溺れ死んだ者や焼け死んだ市民は、10万人8千人にも達したといわれています。そして、亡くなった無縁仏を供養するため建てたられたのが回向院で、回向院に参詣するためとこうした惨事が再び起らないようにと架けられた橋が両国橋です。当時は、大川(隅田川)が、武蔵国と下総国の国境であったから、両国橋と命名されたと言われています。
元禄(1688)時代からの本所深川開発以降、現在の両国である旧下総国側(墨田区側)を東両国(あるいは向う両国)と呼ぶようになります。
橋の両側には、火除地としての広小路が作られました。火除地としての機能から,広小路には恒久的な建造物は建てらませんが,床みせと呼ばれた移動可能な店舗施設が置かれ,また大道芸や,矢来(やらい)と葭簀(よしず)で囲んだ仮設の小屋で芝居や講釈など各種見世物の興行も行われました。
両国の北に隣接する柳橋も含め、両国は江戸屈指の歓楽街として栄え、特に両国橋西詰の両国広小路は見世物などの小屋が立ち並んで賑わいました。
両国橋の賑わい
広小路の跡
回向院の山門は今は北(京葉道路沿い)にありますが、昔は西(隅田川の方角)にありました。 現在両国幼稚園のあるあたりに、回向院の正門跡の高札がたっています。
両国橋を渡ると広場があり、その先の参道をまっすぐ行ったつきあたりに回向院の正門があったのです。両国橋がまるで参道のようになっていたということです。
正門跡の高札案内
広小路跡から前の道を真すっぐいくと、両国幼稚園があり、その前に、高札の案内があります。
振り返って隅田川の方を望みました。右のお見せは、天和(元禄になる少し前)創業とという軍鶏鍋の「ぼうず志やも」というお見せです。
回向院 正門跡前から広小路を
この道は、広小路の賑わいと回向院の境内で行われた出開帳、勧進大相撲といったにぎわいとをつないだ道です。両国、江戸一番の繁華街であったことを偲びたい場所です。

スポンサーサイト



幡ヶ谷 旗洗池跡・荘厳寺・幡ヶ谷不動尊

京王線の初台駅で下りて、少しまわりを歩きました。
旗洗池跡
 後三年の役(1083~1087)の後、八幡太郎義家が帰り道、このあたりを通り、池で白旗を洗い、傍らの松にかけて乾かしたという伝説があります。そいて、このことが現在の幡ヶ谷の地名の由来になっているとも言われます。
探したのですが、なかなか見つかりませんでした。マンションの前に緑の一角があり、そこに後ろ向きの石の碑がありました。それが、旗洗池跡でした。
池はもうありません。
旗洗池跡
池は、肥前唐津藩小笠原家の邸宅内にあり60平方メートル程の小さな池でした。
昭和38年(1963)に埋められ、明治39年(1906)4月に東郷平八郎筆「洗旗池」の記念碑だけが残されています
東郷平八郎筆「洗旗池」
荘厳寺・幡ヶ谷不動尊
水道道路の先に、「不動通り」という道があり、「不動通り商店街」があります。そして、その先に、荘厳寺(しょうごんじ)、幡ヶ谷不動尊があります。
荘厳寺
荘厳寺は、真言宗の寺院で、一般には幡ヶ谷の不動様、幡ヶ谷不動尊などで知られています。
新義真言宗室生寺派に属し、寺号を光明山真言院荘厳寺と称します。創建は永禄4年(1561)で、本尊は薬師如来。江戸時代には幡ヶ谷村の鎮守氷川神社の別当寺として勢力を有しました。
境内にはかつて本尊を祭る本堂のほかに不動堂と大師堂とがありましたが、昭和20年(1945年)にアメリカ軍による空襲を受けてすべての建物を焼失してしまいました。しかし、本尊の薬師如来像、不動堂本尊の不動明王像と大師堂本尊の弘法大師像は緊急の処置を講じてあって難を免れたのです。
狛犬
境内にある狛犬は宝暦3年(1753/九代将軍家重時代)、四谷若者中が寄進したものです。台座には、「奉納 御宝前 四ッ谷若者中」とあります。
常夜燈
門内に入り、左手にある常夜燈は、現在の環状六号線と甲州街道の交差点付近にありましたが、道路工事のためここに移されたものです。
常夜灯の台座
この常夜燈は、嘉永三年(1850)にたてられたで、台石中段に幡ヶ谷の荘厳寺、十二社の熊野神社、大宮八幡宮、井之頭弁財天までの距離が刻まれていて、それによると当地の人はもとより江戸市中の各地、遠くは神奈川県在住の人びとによって常夜燈が造立されたことがわかります。
松尾芭蕉の句碑
また墓地への通路の左側に俳人松尾芭蕉の
    暮おそき 四谷過ぎけり 紙草履
という句を刻んだ碑があります。
とにかく、この幡ヶ谷不動尊、江戸時代には四谷との交流は強かったものと思われます。
幡ヶ谷不動堂。右手に都庁が見えます。
右に都庁が見える

諏訪神社 渡御行列宮入

諏訪神社はもと戸塚村、大久保村、百人町の鎮守でした。宮神輿をはじめ、騎馬などの渡御行列がその町を巡ります。
還って来た神輿
午後5時、渡御行列が諏訪神社に還ってきました。
宮神輿が還って来た
鳥居をくぐって神社の境内へ。
宮入り 鳥居をくぐる
渡御行列も入ります。
渡御行列宮入り
そして、本殿の前に。
宮神輿 宮入り

髙田馬場の諏訪神社は、徳川家の鷹狩と縁があり、絵馬等が保管されています。 昔から眼病や諸病に霊験が有るという地下霊水が湧き出ているといます。
諏訪神社とは、全国に約25,000社あるそうです。もちろん諏訪神社の総本社は長野県の諏訪湖近くの諏訪大社です。6年に一度御柱という4本の杭を立てる「御柱祭」が有名ですが、その「御柱祭」は来年開催されます。

新宿諏訪神社の御神幸大祭

諏訪神社大祭
8月23日(日)10年ぶりに宮神輿の渡御行列が行われるというので、髙田馬場の諏訪神社へ行きました。
諏訪神社は、平安初期に小野篁が創建したおと伝えられます。在原業平の伝説もあります。
当初は、奥羽街道の一部である松原街道に面していたため松原神社と呼ばれていました。
江戸時代、尾張の徳川家の祖である徳川義直が、信濃国の諏訪神を勧請、合祀して、諏訪神社と改呼ばれるようになりました。
午前8時30分宮出しです。
諏訪神社の御神幸大祭準備
8時前について、宮神輿の出を拝観しました。
諏訪神社の御神幸大祭祝詞
宮司さんが祝詞をあげて、お宮を出る準備のはります。
宮神輿を出す
いよいよ宮だしです。
宮出し
宮司さんは馬に乗ります。お馬さん
宮神輿が出ます。
宮司さん騎乗_edited-1
宮神輿が出ます
木遣りが見事。
木遣りを先陣に
いよいよ神社を出ます。
神社を出ます
町に繰り出します。
諏訪町交差点を行く神輿
午前中に大久保まで行きます。
午後は戸塚から、午後65時に宮入、諏訪神社に還ってきます。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR