FC2ブログ

「屋台曳き揃え」と「からくり奉納」

八幡宮前屋台曳き揃え
高山祭 屋台曳き揃え
10月10日は、高山祭の本祭りです。午前10時に桜山八幡宮の参道に行きましたが、すでに屋台が並んでいました。たくさんの人です。
屋台の泥揃いは、「屋台曳き揃え」と言います。
国の重要有形民俗文化財である八幡祭の屋台10台(通常は11台)が、桜山八幡宮に曳き揃えられます。布袋台は八幡宮境内に、他の屋台は表参道に登場です。
昨夜の屋台が間近で見られます。
布袋台
でも見たいのは「からくり奉納」です。急いで境内に入りました。もうたくさんの人でした。
できるだけ前の方へ行き、座って、40分待ちました。
からくりのしかけとして次のように書かれていました。
「屋台正面上段の高欄の間を、箱型の9尺余りの樋を突き出し、人形の綱は樋の中を通り、遠隔操作によって、前後左右に動き、演技をさせる仕組」
ちょっとわかりにくいです。
布袋台のからくり奉納の解説では次の説明がありました。
「享保年間の創建とされ、布袋の操り人形を主題にしてこの屋台が建造された。布袋和尚と唐子2体は、操り手綱36条と8人の綱方を要する極めて複雑巧妙なからくり人形で、離れからくり人形中日本最高のものである。」
とにかく、三味線と太鼓と歌に乗って、見事な動きで、唐子2体が布袋和尚の肩に飛び乗りました。
失敗の時のあるようですが、今回は、大成功で、拍手喝采がやみませんでした。
からくり奉納 布袋台
からくり奉納 布袋
からくり奉納 布袋と軽子
スポンサーサイト



秋の高山祭 宵祭

秋の高山祭に行きました。
高山祭は、春の「山王祭(さんのうまつり)」と秋の「八幡祭(はちまんまつり)」の二つの祭があります。
このうち、高山を秋の彩りで染める「八幡祭」は、旧高山城下町北半分の氏神様である桜山八幡宮の例祭です。毎年10月9日・10日に催されます。
9日は夕方から始まる宵祭でした。それぞれ100個もの提灯を灯した屋台が町を巡り、伝統の曳き別れ歌「高い山」を歌いながら、各屋台蔵へと帰っていくのです。
曇り空だったので心配しましたが、満月の月の下で、絢爛豪華な屋台を見ました。
秋の高山祭 屋台と月
「屋台」という言い方ですが、「山車」のことを、高山など中部地方の一部では「屋台」と呼ぶようです(確か、秩父も屋台と言っていましたが)。
秋の高山祭
豪華な屋台
高山祭 屋台に人形
祭の屋台は、各町内の屋台蔵に保管されています。祭の際は屋台蔵から引き出され、神社前などに引き揃えられます。
高山祭屋台は「動く陽明門」とも呼ばれ国の重要有形民俗文化財です。
それでは屋台はいつごろできたかというと、記録の上では天領となってからの正徳6年(享保元年1716)ということです。
山王祭も八幡祭も行列を整えて陣屋の前に行き代官に伺候して氏子に帰り、祭を行なっている。
屋台を曳いた記録は、享保3年(1718)高山陣屋の地役人、上村木曽右衛門が書いた「高山八幡祭礼行列」があり、それによれば「だし1本、笠鉾七五三、国センヤの2本、屋だい、高砂、猩々、湯ノ花、浮嶋太夫夫婦の4台」を曳いています。
そして、これは江戸の天下祭といわれた赤坂山王、神田明神祭を模したものということです。
その後江戸では亭保6年(1721)に屋台は禁止されます。吉宗の享保の改革の倹約令です。
江戸では屋台が無くなりますが、高山では笠鉾、だしが消えて屋台のみが残りました。
それから、50年ぐらい後、上方からカラクリ人形を移入することによって屋台は江戸形の単層から重層となり、文化、文政期(1804~1830)には高山形ともいえる独特の形を作りだしました。
ただ屋台が、伸びたり、縮んだりすることをするのですが、これは、江戸城の城門をくぐるときに使われた江戸形の屋台古形式を受け入れているものということでした。
屋台の回転
屋台は、向きを変えるときが、祇園祭もそうですが豪勢です。これには、回転を容易にするため戻し車を付けるという他に例のない方法をとっています。
通常、一つの屋台には4 つの車がありますが、曲り角にさしかかると、90 度向きの違うこの戻し車を下へ降ろして重い屋台を浮かせ、3輪になって回転します。
と、聞いても、その構造は見られませんでしたが。
夜7時から約2時間、宵祭をたっぷり堪能しました。
高山祭 獅子舞
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR