FC2ブログ

猫都(ニャンと)の国宝展 at 百段階段 ~猫の都の国宝アート~

目黒の ホテル雅叙園東京に「猫都(ニャンと)の国宝展 at 百段階段 ~猫の都の国宝アート~」を見に行きました。
昨今の猫ブームで、最近「猫」の展覧会が多いです。この雅叙園でも昨年に続き二回目です。今年は、総展示数も増やし、猫アート作家40名による絵画や彫刻などの作品を、猫にちなんで222(ニャンニャンニャン)点展示しているとおkpとでした。
東京都指定文化財の「百段階段」には、階段に沿って7つの部屋があり、それぞれテーマをもって展示されていました。
どれもおもしろのですが、なんとかスマホで撮れた作品の一部を紹介します。
どうどうと寝転んで「招寝子」。
寝た猫
おんせん、いっしょにはいらんかえ?
湯浴び猫
文庫張子「夏目漱石」古本によって創られた張子です
古文庫本で作った漱石と猫
"歌川国芳をオマージュした作品。"祭りだワッショイ!
祭だわっしょい
国芳の弟子の歌川芳藤「五拾三次之内猫の怪」を立体化した猫絵
まずはその原図となった芳藤の浮世絵。
「五拾三次之内・猫の怪」
芳藤の「五拾三次之内猫之怪」は、「尾上梅寿一代噺」の中に登場する化け猫をモチーフとした大判錦絵です。
タイトルにある「五拾三次」とは「独道中五十三駅」のことで、「東海道五十三次」を舞台に取り入れた先駆的な作品です。
1847年7月より市村座で上演されたこの歌舞伎舞台では、簾(すだれ)を破って巨大な顔の猫が登場する場面が大評判となりました。
この場面に着想を得て芳藤が手がけた絵の中では、大小の猫合計9匹が化け猫の顔を作っています。三毛の模様が微妙な陰影を浮かび上がらせ、目は鈴、口の中から見える赤い舌は猫の首紐です。
そして、これが会場の作品です。
猫で顔作り
少し横から。
猫顔横から
さらに、会場に展示してあった横尾忠則の招き猫のポスター。ここにも歌川芳藤「五拾三次之内・猫の怪」は入っています。
横尾忠則の猫のポスター_edited-1

スポンサーサイト



至上の印象派展 ビュールレ・コレクション

六本木の国立新美術館で「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」展を観ました。
ドイツに生まれ、スイスに移住した実業家エミール=ゲオルク・ビュールレ(1890~1956)が生涯をかけて収集したプライベート・コレクションの展覧会です。作品は、スイスのビュールレの私邸を改装した美術館で展示されていましたが2015年に閉館しました。そうした時「チューリヒ美術館」の拡張計画があり、そちらに美術品を寄託することになったようです。そして、2020年にチューリヒ美術館がオープンされるまでの間に(世界各地で展覧会が開かれているのか)今回の日本での展示が可能になったようです。
展示美術品、約60点の作品のうち、半数が「日本初公開」ということもあり話題になっています。
可愛いイレーヌ
中でも、話題は、ルノワールの「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」(1880 年)です。ルノワールがまだ駆け出しのころに描いた8歳の少女の像です。
この絵について、NHKの日曜美術館でもその数奇な運命が紹介されていました。
モデルの少女、イレーヌは、パリに住む裕福なユダヤ人銀行家の長女でした。
ルノワールが描いたこの作品は、イレーヌ本人も、注文した両親もこの絵が気に入らなかったとのことで、長く使用人の部屋に密かに掛けられていたそうです。
この絵が歴史の舞台に登場するのは、1942年、第二次世界大戦の時でした。
ナチスにより当時この絵を所有していたイレーヌの長女ベアトリスのもとから略奪されて、ヘルマン・ゲーリングの個人所有となったのです。 
かつて画家志望だったヒトラーは巨大美術館建設の野望を秘め、各地でユダヤ人が所蔵する美術品を収奪しました。その数、実に60万点。この絵もその中の一点でした。ヒトラーは古典的な作品を好み、印象派のような当時の新しい表現は「退廃芸術」と呼んで迫害していました。しかし、ゲーリングは印象派の作品が好きだったのです。そのおかげか、作品は無事でした。
1945年に、世界大戦が終結。1946年、パリ・オランジュリー美術館で開催された「ドイツで発見されたフランスの個人所蔵コレクション傑作展」に出品されました。それを知ったイレーヌは自己の相続権を主張、絵はイレーヌに返還されます。
描かれて66年。可愛いイレーヌも74歳になっていました。
しかし、返還されて3年後、1949年に絵は売却されます。そして、仲介者を経て、ビュールレ・コレクションに入ったのです。
イレーヌは1963年に91歳で亡くなっています。
どうして、そんなに早く、手放したのか、いろいろ推察されていますが、はっきりした理由は分かっていないようです。
この美しい絵が持つ過酷な運命。確かに感慨深いものがあります。
ほかにも、セザンヌの『赤いチョッキの少年』、モネの『ヴェトゥイユ近郊のケシ畑』、ファン・ゴッホの『花咲くマロニエの枝』の4点が、2008年、セルビア人の武装強盗団によって盗まれるという事件があったようです。
この盗難事件のせいで、美術館の一般公開を規制されています。
ちなみに盗まれた絵は、モネとファン・ゴッホの2点は、盗難事件のあった直後に美術館近くの駐車場で、セザンヌとドガの2点は4年後の2012年にセルビア・ベオグラードで見つかっています。
ゴッホの『花咲くマロニエの枝』は、どこか日本的でもあり心引かれる作品でした。
ゴッホ『花咲くマロニエの枝』
そのほか私が好きな作品2点。
トゥールーズ・ロートレック『コンフェッティ』
《コンフェッティ》
コンフェッティとは、カーニバルの時に使用される紙吹雪を意味しています。画家が長年描き続けていた女優のジャンヌ・グラニエをモデルとしています。( 日本初公開)

そして、エドガー・ドガ『待合室の踊子たち』
ドガ 踊り子  ビュールレ・コレクション

「フランス宮廷の磁器セーヴル、創造の300年」

サントリー ガラス展
六本木のサントリー美術館で開かれていた「フランス宮廷の磁器セーヴル、創造の300年」を観ました。
セーヴルの歴史は、フランス国王ルイ15世(1710~1774)の時代に始まります。日本だと江戸時代、吉宗の時代ですね。1740年、パリ東端のヴァンセンヌに誕生した磁器製作所が、ルイ15世の庇護を受けてセーヴルに移転し、王立磁器製作所に発展しました。
宮廷お抱えの芸術家が生み出す優雅なデザインと卓越した技の名品。宮廷というところは贅沢ですね。少し前だと目にすることは出来なかったでしょう。
展示は、300年にもわたる最高級品の歴史を、華やかな名品で振り返っています。
そして、4つのテーマで分けられていました。
第1章 東洋やマイセンへの憧れから脱却した「18世紀のセーヴル」、第2章 装飾過剰かとも思われる「19世紀のセーヴル」、第3章 洗練が進んだ「20世紀のセーヴル」、第4章 自由な挑戦を続ける「現代のセーヴル」。
第3章の「20世紀のセーヴル 」では、撮影OKでした。
パリ万博で大きな評判を呼んだテーブルセンターピース「スカーフダンス」の1点です
「スカーフダンス」

「博物館に初もうで」に今年も行ってきました

自分として、お正月恒例になった「博物館に初もうで」に今年も行ってきました。
今年の主役はもちろん犬。日本人に愛されてきたかわいらしい子犬や、珍しい異国犬の造形など多種多様な犬の作品が並んでいました。
染付子犬形香炉
染め付け子犬形香炉
江戸時代の作品です。三川内(みかわち)焼という焼き物です。場所は、長崎県佐世保市三川内町です。
かわいらしい表情です。
緑釉犬
緑釉犬
後漢時代の中国の陶器です。首輪と胴輪に子安貝がほどこされています、多産の象徴らしいということですが、この犬実は、墓を守る番犬とも、死者を冥土に導く犬ということです。なるほど、冥土の案内役というのも、犬にあっていいなと思いました。よく見ると厳しい顔つきです。
犬形置物
犬形置物
今風に可愛いと思ったら、ドイツのドレスデンの作品でした、K寝まいが陶土で細かく表現され、目にはガラスがはめ込まれ生きているようでした。
板彫狛犬
板彫狛犬
鎌倉時代のものだそうですが、狛犬に浮彫り風のものがあったのですね。驚きでした。説明に奥行きのない社殿で、神体の隣に立てられたものか、と記されていました、板はヒノキでした。
獅子と狛犬
獅子と狛犬
今では、「狛犬」と呼ばれますが、元は獅子と狛犬の一対でした。日本に仏教とともに伝わり、神社にも配されるようになります。狛犬には、多く、玉葱の形ををした宝冠、角が付けられてれました。この作品にないですが、穴があるので、元はあったのかなと思いました。小さな作品ですが、口の阿吽は表現されています。

最後にこれまた小さな水滴の犬です。同じ大きさに出すと大きくみえます。
水滴 犬

目黒雅叙園「和のあかり×百段階段2017」

ホテル雅叙園東京のアートイルミネーション「和のあかり×百段階段展2017 ~日本の色彩 日本の意匠~」に行ってみました。
まず、本館の廊下から。
柳井金魚ちょうちん祭り(山口県柳井市)
柳井金魚ちょうちん祭り
長崎ランタンフェスティバル(長崎市)
長崎ランタン

そして「和のあかり」の展示会場の「百段階段」へ。
「百段階段」は、昭和10年(1935)に建てられた当園で現存する唯一の木造建築です。平成21年(2009)、東京都の有形文化財に指定されています。
琉金
エレベーターを降りるとすぐ入り口近くに「すみだ水族館」。かわいらしい琉金が泳ぎます。
漁樵の間の大作。
相馬太郎良門
「ねぶた大賞」などの受賞歴を持つねぶた師・竹浪比呂央。
2014年青森ねぶた祭に出陣した作品「相馬太郎良門 妖術を修る」を、展示スペースとなる「漁樵の間」に合わせて一部オリジナルを加えて展示。
この作品は、平将門の嫡男・太郎が妖術を取得する様子を描いたものです。
「漁樵の間」の柱の彫刻です。
漁樵の間
切り絵作家 早川鉄兵 「清流の森」
「清流の森」
あかりマイスター橋田裕司 針金でフレームを作り、それに和紙を張った作品
鳥
川村忠晴氏。 自身で野山に入り、イメージとあう草木を見つけては作品に仕上げる作品
葉っぱ
江戸組子建松(東京都江戸川区/組子)
江戸組子
平安末期に始まり、欄間や障子などの建具の装飾品として発展してきた江戸組子。小さな木片だけで緻密な装飾を組み上げて作る組子工芸は、建具職人の最高の技とされています。
篠原風鈴本舗(東京都江戸川区/江戸風鈴)
天井画と風鈴
江戸風鈴の魅力を現代に伝える、創業100年を迎える風鈴づくりの老舗です。
風鈴
「石巻こけし」 林 貴俊(宮城県石巻市/こけし)
階段に一つずつ置いてありました。
階段にこけし
寝ているこけしもありました。
寝ているこけし

プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR