FC2ブログ

王子七滝 絵図関連

王子・飛鳥山周辺は、江戸時代中期、徳川吉宗により行楽地として開発されました。
飛鳥山と言えば、桜が有名ですが、飛鳥山の花見を筆頭に、音無川流域の紅葉、台地からの見晴らしもよく、風光明媚な王子は月見や雪見も楽しめました。
加えて有名寺社も多く、なかでも王子の地名の由来となった「王子権現(現王子神社)」や、今回、初午に訪れた関東稲荷総社の格式をもつ「王子稲荷」があります。
そして、有名なのが、俗に「王子七滝」と呼ばれた滝でした。
音無川(石神井川・滝野川)を中心に武蔵野台地の崖線には滝があり、滝が多く、音無川に滔々と流れ落ち水量も豊富でした。
そうして、音無川の流域には、行楽客目当ての茶屋や料理屋も数多くあり、八代将軍吉宗が飛鳥山を整備した頃には、一大観光地になったのです。
この七滝うち、現在唯一残るのが、名主の滝。滝周辺は名主の滝公園として整備されています。
絵図で、かつての王子の滝の様子を観てみましょう。
『江戸名所図会』巻之五 玉衡之部
『江戸名所図会』巻之五 玉衡之部
泉流の滝ともいふ。正受院の本堂の後ろ坂路(はんろ)を巡り下ること数十歩にして飛泉あり。滔々(とうとう)として峭壁に趨(はし) る。この境(ち)はつねに蒼樹(そうじゅ)蓊鬱(おううつ)として白日ささへ、青苔(せいたい)露なめらかにして、人跡稀なり。

『名所江戸百景 王子不動之滝』
『名所江戸百景 王子不動之滝』
名所江戸百景 王子不動之滝 大判竪 歌川広重 安政4年(1857)
不動の滝は溪谷の窪みにあり、鬱蒼と茂った樹木に囲まれています。
しかしこの滝は、昭和33年(1958)の狩野川台風をきっかけに行なわれた石神井川の直線化と護岸工事によって、すっかり姿を消しました。

王子稲荷の東側にあった石神井川の堰 
『名所江戸百景 王子音無川堰埭 世俗大滝と唱』
『名所江戸百景 王子音無川堰埭 世俗大滝と唱]
堰を越えて落ちてくる水を世俗では大滝と呼んでいたというわけです。春の桜のころですが、よくみると何人かの人が組になって川に入っています。まだ水浴するには寒いと思うのですが、あるいは何らかの方法で魚を獲っているのでしょうか。

歌川広重(初代) 『絵本江戸土産 -王子の滝 其二 同所滝岩屋の弁天 十條の里女滝男滝』
『絵本江戸土産 -王子の滝 其二 同所滝岩屋の弁天 十條の里女滝男滝』
滝岩屋の弁天は、金剛寺裏手にあったという弁天の滝。
崖下にある洞窟(現在は石神井川護岸の裏側)に祀られていた弁財天が岩屋弁天です。
王子権現付近絵図_edited-1
江戸時代から滝遊びや紅葉の見物さらに岩屋弁天の参拝客で賑わったと言われます。
スポンサーサイト



平将門の乱と将門ゆかりの東京の神社

将門の絵図
大蘇(月岡)芳年の『芳年武者无類 相模次郎平将門』(明治8年)です。
平将門の乱について少し。
東国を本拠とする桓武平氏の出身である「平将門(たいらのまさかど)」は平安京に出て出仕しましたが、935年に父の良将(よしまさ)が急死すると領地の下総国猿島郡(現在の茨城県)に戻ります。
しかし、相続をめぐって争いが起こり、一族の抗争へと発展してしまいました。
抗争を続ける中で、国司とも対立してしまい、天慶2年(939)には朝廷に反旗を翻す事になってしまいます。
秀でた武力を持っていた将門は、常陸、下野、上野、の国府を攻め落とす事に成功し、またたくまに関東一円を支配下に収め、自身を「新皇(しんのう)」と称し、天皇の権威に対抗する事を決意します
この頃、民衆は多くの徴税と徴兵に苦しんでいました。承平7年(937)には富士山が大噴火。民衆の困窮がいよいよ深刻化していました。将門は領民を救うため関東一帯を支配しようとしたのだとも言われます。
とにかく、この将門率いる武士団の行動に危機感を抱いた朝廷は、藤原忠文(ただふみ)を征東大将軍に任命し、鎮圧のために派遣しました。
しかし、朝廷軍が到着する前に、将門は地元の武士であった藤原秀郷(ひでさと)、平貞盛(さだもり)の軍勢によって討たれてしまったのです。
平貞盛は将門がかつて殺した伯父・国香の息子で平清盛の祖先。また、俵藤太の別名で知られる藤原秀郷はこの後出世していきます。
天慶3年(940)2月14日、風が吹き荒れる中、将門軍勢は奮闘しましたが、額に流れ矢が命中し将門は絶命。38歳だったと伝わります。将門が新皇として関東を支配したのは、わずか2ヶ月余りでした。
平安京へ運ばれた将門の首は都大路で晒し首にされました。
東国の天皇になることを夢見て駆け抜け、最期は晒し首となった平将門。さぞ無念であったろうと、後世の人々は彼の祟りを恐れたと言います。呪いや怨霊伝説は、こうしたところから生まれたのでしょう。
平将門
関東一円には平将門の伝説が残っています。平将門公にゆかりがある東京都内神社もたくさんありますが、どういうわけか新宿区が多いです。
【1】平将門の鎧が眠るという「鎧神社」(新宿区北新宿)
 平安時代の武将、平将門が平貞盛・藤原秀郷連合軍との戦いにおいて戦死したときに身に纏っていた鎧を埋蔵し、鎧明神と称したのが、現在北新宿三丁目にある鎧神社の起こりとされています。
【2】稲荷鬼王神社(いなりきおうじんじゃ)(新宿区歌舞伎町)
「鬼王」の名は平将門の幼名である「鬼王丸(外都鬼王とも)」から名前を取ったという伝承もあるそうです。
そのため、将門ゆかりの神社としても知られています。
【3】平将門調伏のための神社と伝わる「水稲荷神社」(新宿区西早稲田)
平将門を倒した藤原秀郷が勧請した神社で、平将門の怨霊封じの神社と言われます。
【4】平将門の足が祀られたという風説が残る「筑土八幡神社」(新宿区筑土八幡町)
筑土八幡神社には、江戸時代初期に黒衣の宰相と呼ばれた天海僧正が、平将門の遺体の一部(足)を祀ったという説があります。
以上が新宿。あと東京には、次のような将門ゆかりの神社があります。
【5】将門の飛翔した首が落ちた場所とされる「将門の首塚」(千代田区大手町)
この首塚が一番有名で、将門ゆかりの中でも最も大事です。
京の五条河原に曝されていた将門の首が胴体をもとめて自ら空を飛び、そして力尽きて落ちたのが現在、三井物産ビルの隣にある首塚がある場所だったと伝わっています。
【6】平将門が神として祀られる「神田明神」(千代田区外神田)
この神田明神、もともとは首塚の場所にありました。。嘉元年間(14世紀初頭)に疫病が流行し、これが将門の祟りであるとして供養が行われ、延慶2年(1309年)に当社の相殿神とされました。
明治7年(1874)、明治天皇が行幸するにあたって、天皇が参拝する神社に逆臣である平将門が祀られているのはあるまじきこととされて、平将門が祭神から外されましたが、昭和59年(1984)に本社祭神に復帰しました。
【7】平将門の兜が埋まると伝わる「兜神社」(中央区日本橋兜町)
【8】首が飛び越えた伝説がある「鳥越神社」(台東区鳥越)
平将門の首が空を飛んだ際、この地を飛び越して行ったために「飛び越え」つまり「鳥越」という地名がついたという逸話があります。

「日本橋」

広重 日本橋
「日本橋」という橋は、徳川家康が江戸幕府を開くのと前後して、おそらく1603年に架けられただろうといわれています。
日本の道路網は、江戸幕府が参勤交替の制を定め、諸大名を領国と江戸との間で行き来させた官道、見方を変えれば外様大名などに叛意があった際には幕府により動員された軍勢が使う軍道が今の道路網の直接の原点と言えます。その根幹となったのが「五街道」で、東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道という基本となる五つの街道は総てこの日本橋を起点にして駅逓の制度が定められていました。
ここでは、明治に入っての日本橋を少しみてみたいと思います。
明治時代の日本橋
明治3年(1870)に営業許可を得た人力車の、日本橋の高札場横における営業開始をはじめ、明治6年(1873)の西洋型木橋への架け替え、明治15年(1882)の馬車鉄道の敷設と繫がりました。こうして明治初期の日本橋は、文明開化の最先端をいく名所のひとつとして、華やかな錦絵にもたくさん登場しています。 上は明治時代の日本橋です。下は錦絵。
歌川芳虎「東京日本橋風景」 明治3 年(1870)_edited-1
この背景には、日本橋の南側に位置する新橋が、明治5年(1872)横浜と鉄道で結ばれたことも理由にあげられます。そして明治15年(1882)には、新橋と日本橋の間に鉄道が走り、同年のうちに上野、さらには浅草まで鉄道は伸びていきました。
現在の橋は、明治44年(1911)に完成し、国の重要文化財になっています。
現在もこの橋の中央には日本の道路元標が置かれ日本の道路網の始点となっているなど、歌川広重の浮世絵に描かれた当時から、今も変わらず日本の中心地です。
石造二連アーチ橋で橋の長さは49m、幅27 m、設計は米本晋一です。
全身 獅子と日本橋の揮毫
日本橋の四隅にある親柱の銘板に刻まれた「日本橋」及び「にほんはし」の文字は最後の将軍徳川慶喜公の筆によるものです。
路面電車を通すことが決まっていた路面はわずかにアーチを描いています。
東京の日本橋の下には「日本橋川」が流れ、橋の上には首都高速が走っています。
日本橋川は、かつての神田川の本流でしたが、神田川は、江戸城北側の防衛線として飯田橋付近から駿河台を切り通して流し、柳橋で隅田川に合流するように付け替えられました。
この日本橋川に内堀、外堀をはじめとする水路や溜池に代表される沼沢地、さらに築地川など様々な小河川が江戸城の防衛線になると同時に、生活・産業用の水路として機能していました。
江戸開府に伴い、大名の江戸屋敷が建ち、街造りが進み、人足、職人等の流入で江戸の人口は急激に増加していきました。それに伴い、大量の生活物資が必要となります。このため家康は「地代免除」の特典を設け、江戸城下への出店を奨励しました。この制度は「権現様御遺訓」と呼ばれ江戸末期まで続きます。これにより京・大阪などから商人たちが続々と集まり、日本橋を中心に商業地域が出来上がりました。
日本橋が架かる日本橋川の北岸には、魚河岸五町(長浜町、室町など)と呼ばれた魚河岸がありました。
その起源は、江戸初期、佃島の漁師が幕府や大名に納めた御用魚の残りを売り出したからだそう。
1日に千両もの取引があるといわれ、江戸でもっとも活気ある場所だったそうですが、関東大震災で被害を受けたことをきっかけに築地に移転することになります。
日本橋のたもとには「日本橋魚市場発祥の地」の石碑と乙姫の像が建てられ、その由来を今に伝えています。乙姫の像が建てられている理由は「タイやヒラメが舞い踊る」からだとか。
この辺りの地名も「日本橋」ですが、それはこの橋に由来しています。
ちなみに、大阪にある「日本橋」は「にっぽんばし」と読みます。
●日本橋の橋の上にあるのが日本国道路元標(Kilometer Zero)。
レプリカ 「道路元標」
その名の通り、道路の起点となるポイントを示したものです。日本橋にあるのは、徳川幕府が定めた五街道(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)の起点を明治政府が踏襲したものです。
明治6年12月20日、明治政府は太政官達第413号で、各府県ごと「里程元標」(りていげんぴょう)を設けることを定めます。
明治44年(1911)、現在の日本橋の架橋時に当時の道路法施行令第八条によって橋の中央に「東京市道路元標」が設置されました。
日本橋の中央にあった「東京市道路元標」は、東京市電・本通線の架線柱として使用されていましたが、昭和47年(1972)の道路改修で日本橋の北西詰にある「元標の広場」に移設されました。横に延びている線が市電の線でした。
北西詰に移設されている「東京市道路元標」は、日本橋とともに国の重要文化財に指定されています。
史跡の「東京市道路元標」
▼東京市道路元標があった場所には新たに50cm四方の「日本国道路元標」が埋め込まれました。文字は時(昭和47年)の総理大臣・佐藤栄作の書です。
その「日本国道路元標」上には、元東京市道路元標のレプリカが、高速の壁にはめ込まれていますつり下げられています。
橋の中央日本国道路元標
●麒麟像と獅子像
日本橋には、その四隅に獅子がいます。
奈良県手向山八幡宮の狛犬やヨーロッパのライオン像などを参考にした獅子像は東京市の紋章を手にしています。太陽を中心にして6方に光が放たれている形で、日本の中心としての東京を象徴するデザインになっているとのことです。
中央に麒麟像があります。
麒麟像と松榎の図案
麒麟とは、いわゆるあの首の長いキリンを指すわけではなく、神獣である想像上の生き物のことだそうです。中国の陰陽五行説と言うものでは、四方を護るのが青竜・玄武・白虎・朱雀の四神で、中央を護るのが麒麟とされているそうです
麒麟像には日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージから翼が付けられ、「獅子像」は守護を、「麒麟像」は繁栄を表しています。どちらも阿吽の形で作られています。
獅子像と麒麟像の原型製作は、彫刻家の渡辺長男(おさお)が、その鋳造は彫刻家で渡辺の義父の岡崎雪聲が担当しました。

薩摩屋敷跡

薩州の蔵屋敷は、海に面していますが、荷物の運搬がここに集まったのでしょう。
あちら側に薩摩邸
その屋敷跡に建つ「西郷・勝会見の地」の碑の北側にNECの本社ビルが建っています。その一帯が薩摩藩島津家の上屋敷です。
ぐるっと廻るとに手入れの行き届いた植え込みがあり、その植え込みに挟まれるように「薩摩屋敷跡」の碑が建っています。
薩摩邸跡の碑
嘉永6年(1853)、ペリーが来航したその年に薩摩本国から、島津斉彬(なりあきら)の娘として(実際は従妹を養女にした)・篤姫(あつひめ)が13代将軍家定に輿入れするために江戸入りしました。
篤姫はここの薩摩藩上屋敷に入り、江戸暮らしを始めますが、安政2年(1855年)10月に安政の大地震が起こって屋敷が倒壊したため、渋谷の下屋敷に移ります。
それでも、当時は、外様大名の女子が将軍正室となることに反対する声も多く、婚儀が行われたのは、安政3年(1856)のことです。それも右大臣・近衛忠煕(このえただひろ)の養女にしての婚姻で、12月18日のことです。
篤姫がはじめて薩摩藩上屋敷に足を踏み入れてから15年後、京の都では朝廷が日本の政治の主となることを宣言する王政復古の大号令が発せられました。
そして、慶応3年(1867)10月頃、三田の「御用盗」と言われた薩摩浪士が乱暴狼藉を働き、同年12月23日、ついに江戸城西の丸を炎上させてしまう事件が発生し、藩邸に逃げ帰るなど組織的で挑戦的なテロ活動が繰り返されます。
これは、西郷隆盛が、守旧派を一掃し徳川家を武力討伐に持ち込むため、江戸で浪士たちを集め、放火や略奪行為などをさせて旧幕府側を挑発したのです。
敵方から先に手を出させなければ討伐の大義名分が立たないからである。そしてこの西郷のもくろみは図に当たり、江戸市中の警備を担当していた庄内藩らは薩摩藩邸(当所)を取り囲み、焼き討ちにします。
この事件はすぐ京都に伝えられ、在京の旧幕勢力にも主戦論が広がり、軍を出動させることになりました。こうして鳥羽伏見の戦いの火ぶたが切られ、戊辰の戦いに通じていくのです。
江戸切り絵図 薩摩上屋敷
「薩摩屋敷跡」の石碑がNEC本社にあるので、NEC本社全体が薩摩藩邸の跡のように受け取られがちですが、NEC本社は、北側が薩摩藩上屋敷跡で、南側は、因幡鹿野藩上屋敷の跡に建っています。薩摩藩上屋敷の中心は、NEC本社の北側にあるセレスティンホテルと三井住友信託銀行の部分です。上の切り絵図の松平修理大夫が薩摩邸です。
NECの前の建築の基礎
NECは明治30年代からこの地にありました。明治44年ごろには煉瓦造りの2階建てというモダンなものでした。その基礎工事の煉瓦が飾られています。しかし、関東大震災で多くの犠牲者を出したことから、当時としては珍しい4階建のどんな地震にも耐えるビルを建てました。それは、太平洋戦争でも延焼することはありませんでした。その後、新しい高層ビルに作り直す時、敷地の一部を開放し、その一角に薩摩屋敷跡の碑を建てました。

「御穂鹿島神社」と芝浜

会見之地の碑の横の路地を入るとすぐ左手に「御穂鹿島神社」が現れます。(前回載せた切り絵図にも「鹿島明神」が出ています。)
「御穂鹿島神社」
もとはそれぞれ別の神社であった御穂神社と鹿嶋神社が平成16年(2004)8月合祀されて御穂鹿嶋神社となっています。
御穂神社は文明11年(1479)、鹿嶋神社は寛永年間(1624~44)の創祀と伝えられています。
JRや新幹線の走る高架橋の手前公園に突き当たりますので左に曲がります。この公園から数十m間が「芝浜」で、江戸時代「沙濱」と記され、この本芝公園が昔、浜になっていて、舟で魚を運んでここで魚河岸としての商いが行われていました。
寄席文字の橘右近書「芝浜囃子の碑」は鳥居の隣にあります。
「柴浜」の碑
この公園が埋め立てられた芝浜の入り江で、手前がその芝浜だった所です。古典落語の中でも人気の人情噺『芝浜』は、この芝浜が舞台であったとされています。
<鹿嶋神社 御由緒>
その昔、沖より芝浜に流れ着いた神殿がありました。波達海の中にあって、神殿の中に納められていた幣帛は少しも濡れることがなかったといいます。日を経て、常陸の国の人が神殿を探し求めて尋ねてきました。これは鹿嶋に鎮座するお社であるとして舟につないで漕ぎ帰りました。ところがこの神殿は再び芝浜の地に流れつき、「この浦に鎮まり坐すべし」との神託があったことから、この地でお祀りされるようになりました。

藤原藤房の伝説が残る御穂神社
「御穂神社」の創建は、大永5年(1525)と伝えられています。
後村上天皇年間(1339~1368)、都からやってきた老人が、芝浜の地に庵を構え、小さな漁村であった当地の村民に、忠孝の義を教え導いたということです。この老人は藤原藤房と言い、没した後に慕った村人たちが庵のあった場所に宮所を設け、祭祀が続けられてきたとされます。
また、駿河国三保から移住した人が、駿河国三宮「御穂神社」からの勧請という説もあります。
『江戸名所図会』「御穂神社」「鹿嶋神社」
天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれています。
「御穂神社」「鹿嶋神社」と、両社が描かれています。江戸の海(東京湾)に面していたのが「鹿嶋神社」で、「御穂神社」はそれよりも東奥に鎮座していたという位置関係も分かります。
雑魚場跡を示す案内板もありました。
この付近は、芝の中でも、古川河口の三角州に、 江戸時代よりも昔から開けたところで本来の芝という意味で、本芝と呼ばれた。公園の位置は、東海道(現在の第一京浜国道)のうらあたりの海に面した砂浜で、江戸時代には、魚が水揚げされたので雑魚場(ざこば)と呼ばれた。明治5年に開通した鉄道は、軍部の意向で海上の堤防を走ったが、雑魚場はガード下から東京湾に通じていた。最後まで残っていた江戸時代の海岸線であったが、芝浦が明治の末から次第に埋め立てられ、漁業も行われなくなって海水が滞留したので、昭和43年に埋め立てて、本芝公園として開園した。 港区土木維持課の説明文より。
現在のガードです。
雑魚場架橋
右に「雑魚場の文字が入った「お願い」があります。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR