FC2ブログ

NHK大河ドラマ『八重の桜』 八重、決戦の時

 NHK大河ドラマ『八重の桜』が会津戦争に入りました。ドラマ前半のまさにクライマックスといえる6月28日の放送は釘付けになりました。
 このドラマは、少なくてもここまでは、「会津藩」が主役でした。「会津藩」がどのような藩であり、藩主の松平容保をはじめとして、会津の武士はどんな生活をしていたのか、どんな行動を取ったのか、とても丁寧に追っていました。
 幕末、薩長中心西軍から会津藩と庄内藩を助けようと奥羽越列藩同盟ができ、やがて西軍との全面戦争へと向かいます。しかし、白河城が陥落した時を境に、奥羽越列藩同盟は瓦解していきます。
いよいよ会津戦争に突入し、鶴ヶ城も全面包囲されてしまいます。連日、数千発もの砲弾が鶴ヶ城に降り注ぎ、会津藩士の命を奪っていきます。
 会津若松城
山本八重は着物も袴もすべて男装し、麻の草履をはき、両刀をたばさみ、元込め七連発銃を肩にかついで城に入ります。弟の三郎が鳥羽伏見の戦いで戦死しており、その仇をとらねばならないと、命の限り戦う覚悟でした。
この回もドラマは、八重だけを追ったりしません。
京都にいる八重の兄山本覚馬も出てきます。
覚馬が、看病を得ています。日本の取るべき道を獄中から示した建白書「管見」がこの後生かされること思わせました。私は、この『八重の桜』で山本覚馬がしっかり描かれているので、見逃さないようにしています。覚馬のことは一度書きたいと思っています。
照姫も城の中に出てきました。
 実は、大混乱に陥った会津城内を取り仕切ったのは、容保の2歳年上の義姉・照姫だったと言われています。照姫の松平容保への思慕を思うとどこか哀れです。
会津藩の筆頭家老の西郷頼母も忘れられません。度々恭順論を唱えて主戦派と対立してきました。 その西郷頼母の家では、2歳の季子をはじめ頼母の家族、居合わせた親族の家族、譜代の家臣ら全員が自害します。土佐藩兵が西郷の屋敷に入ったとき、17、8歳の息絶えだえの女子がいて身を起こすと、「そなたは敵か味方か」と尋ねます。「味方なり」と答えると、懐刀を刺し出し、土佐藩兵は、介錯します。
有名なエピソードですが、胸がつまります。
おなじく哀れなのは白虎隊です。隊長が戻らない白虎隊士中二番隊の20名は、リーダーの安達藤三郎と篠田儀三郎に率いられ、飯盛山の裏側にたどり着きます。はうようにして飯盛山の山頂に登ると、城下は、火の海。火炎に包まれた鶴ケ城の天守閣が見えました。そこで自決をします。
 会津の悲惨さはとても重いです。その悲惨さが見事に描かれていました。
スポンサーサイト



歌川国芳 「其のまま地口 猫飼好五十三疋」

 テレビ番組の中で、BSプレミアムで放送されている番組「額縁をくぐって物語の中へ」は、とりわけおもしろい番組です。15分で美術が堪能できます。3.11大震災の後、広重の「江戸百景」を、安政地震後の復興を描いた視点で、額縁をくぐっていて、なるほどしうだったのか、と「江戸百景」見直しました。
 しばらく休んで、この週は、「没後150年 歌川国芳特集」でした。
 これも良かったです。浮世絵は絵解きがあっていいと思っています。
 今日は、国芳の最後で、「猫飼好五十三疋」でした。
 この前、太田美術館で国芳展を見て、少しここに載せました。その時、国芳の猫好きも紹介しています。
 東海道が、猫のダシャレで描かれています。それを解明していきました。
 「日本橋」 は、「二本だし(出汁)」 というタイトルで、猫の前に2本の鰹節が描かれています。最後の「京」 は 「ギヤウ」 でネズミをくわえた猫ちゃんです。「ギヤウ」 は、猫に捕まったネズミの叫び声のようです。
 できるだけ大きく載せたいので3枚に分けて載せます。
 説明は、太田美術館の国芳展の図録をもとに、上の部分(絵に向かって右側)のみにします。
歌川国芳 『其のまま地口猫飼好五十三疋』  上(右)

1 日本橋 (にほんばし) 二本だし ← 二本の鰹節
2 品 川 (しながわ) 白かを ← 白い顔
3 川 崎 (かわさき)  かばやき ←蒲焼
4 神奈川 (かながわ) かぐかわ ← 皮を嗅ぐ
5 保土ヶ谷 (ほどがや) のどかい ←喉がかゆい
6 戸 塚 (とつか) はつか ←はつかねずみ
7 藤 沢 (ふじさわ) ぶちさば ←ブチ猫がサバをくわえてる
8 平 塚 (ひらつか) そだつか (子猫が)育つか?
9 大 磯 (おおいそ) おもいぞ ←(タコが)重いぞ
10 小田原 (おだわら) むだどら ←無駄にねずみを追いかけるドラ猫
11 箱 根 (はこね) へこね ←体をへこませてねている
12 三 島 (みしま) 三毛ま ← 魔物のごとく二股の尾をもつ三毛猫
13 沼 津 (ぬまづ) なまづ 
14 原   (は ら) どら
15 吉 原 (よしはら) ぶちはら ←(ブチ腹)
16 蒲 原 (かんばら) てんぷら
17 由 比 (ゆ い) たい ← 鯛
18 興 津 (おきつ) ← 起きず
歌川国芳 『其のまま地口猫飼好五十三疋』  中
歌川国芳 『其のまま地口猫飼好五十三疋』  下(左)

「人間の条件」

 NHKBSプレミアムで6夜連続放映された「人間の条件」を見ました。
「人間の条件」
 なんとなく中学の時と思っていたのですが、年齢で考えると高校生です。試験が近い日、この1部とおそらく2部も一緒だったのではと思うのですが、見に行きました。
 かなり興奮して、その映画のことで頭がいっぱいでした。
 それからまもなくだったと思うのですが、たぶん国語の先生だったと思うのですが、「人間の条件」という映画を見たかと言いました。
 どういう話が出たのかは忘れています。ああいう映画は試験前でもぜひ見なさいという話でした。「人間の条件」を見て良かったなと思いました。
 その当時は、正義を通する人間になりたいと思いました。まだ、1部、2部で、理不尽もそれほどではなかったのです。
 山村聡がとても魅力的で、仲代達矢よりも印象に残りました。
 その後の印象は、兵隊で痛めつけられていることと、女性が犯されることの印象が残っているぐらいです。
 でも、とても心に残っています。
 五味川純平の原作は、やっと大学生の時読みました。こちらも、興奮して、全6巻アッという間に読みました。なんでもっと早く読まなかったのと後悔しました。
 だんだん、自分の意志を貫くことができない現実を知ってきていました。
 原作は、40代、50代にも、8月になると思い出して本を読みました。
 そして、ほぼ同じように感動しました。
 いつも考えていたのは、戦争がどうのより、組織の中で、意志を貫けられるか、です。
 学生のころ池袋の文芸座で、この「人間の条件」がオールナイト興行で一挙上映されているのが話題になっていました。見に行きたいと思っていたのに結局果たせませんでした。
 下宿をしていて、家を空けることができなかったのです。ひ弱でした。
 しかし、この映画をもう一度見たいという思いは強くなり、何年か前、DVDのセットを買いました。実は、全6部の総上映時間は9時間31分ということで、ひとりで見たいという思いもあって、チャンスをつかめないまま時が過ぎていました。
 今回「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本 家族編 」で全6作を放映すると聞いて、やっと見られると、嬉しかったです。
 画面もきれいで、まったく新しい気持ちで見ました。
 思っていた以上に、梶は強いですね。原作ではもう少し弱い人間性が出ていたように思います。
 五味川純平の『人間の條件』は戦争を舞台にしていますが、人間の在り方を問うた物語です。人間であることの難しさを考えさせられます。

「美千子。僕は生きるために何人も殺してきた。それでも君は僕を許してくれるかい?僕は君に向かって歩き続けているのだから。君はまだ僕を待っていてくれるだろうか…」

「知られざる在外秘宝」東洲斎写楽

 見たいテレビが多くて、ついついテレビに時間を取られて、ブログが書けません。
 今週月曜日からのNHKBSプレミアムの「知られざる在外秘宝」もすばらしい番組でした。
 特に私は今、浮世絵に興味があるので、第3回「徹底分析・写楽全作品~浮世絵版画全145枚が語る謎の絵師~」 と第4回「写楽・解かれゆく謎~ギリシャの浮世絵が語る正体~」はそれこそ食い入るように見ました。
 東洲斎写楽。
 活動期間はわずか10か月。天才絵師・東洲斎写楽が残した浮世絵版画 全145枚。
 こうしてテレビの画面からでも、すべて見られることはありがたいです。
 写楽の作品の多くが海外にあるということですから、まさに在外秘宝です。
 日本にはもうすでにない作品もあるとのことでした。
 写楽の作品は10か月を4期にわけて紹介されます。
 1期は寛政6年5月で「雲母摺、大判28枚の役者の大首絵」です。
 通常「写楽」と言われるとこの期の作品です。確かに一番迫力があります。
 第2期が寛政6年7月・8月で「二人立ちの役者全身像7枚、楽屋頭取口上の図1枚、細絵30枚)。
 第3期が寛政6年11月・閏11月「顔見世狂言を描いたもの44枚、間版大首絵10枚、追善絵2枚)。
 第4期「春狂言を描いたもので相撲絵を交えます」が寛政7年の1・2月とされます。
 中期の作品から1枚。
 三世坂東彦三郎の帯屋長右衛門
『三世坂東彦三郎の帯屋長右衛門 四世岩井半四郎の信濃屋お半』
 この絵は、寛政6年7月河原崎座上演二番目狂言の「桂川月思出」のお半長右衛門道行の場を描いた作です。
 写楽は第2期作品中、大判全身二人立の作を七枚描いていますが、その中では最もおだやかな絵です。
 道行の場合、女役の方に口説きがあって、振りが多く、男役の方はもたれ役といってて振りは少ない。この絵でも長右衛門の方はじっと立っている姿、お半の方は振事の一瞬きまった姿で表現しています。
 テレビの第4回「写楽・解かれゆく謎~ギリシャの浮世絵が語る正体~」では、写楽の正体があかされます。
 写楽の正体 は、『江戸名所図会』で知られる考証家・斎藤月岑が『増補浮世絵類考』で、写楽は俗称斎藤十郎兵衛で、八丁堀に住む「阿州侯(阿波徳島藩の蜂須賀家)の能役者」であると記述してあります。
 八丁堀(現中央区湊町)には、当時蜂須賀藩の江戸屋敷が存在していて、その中屋敷に藩お抱えの能役者が居住していて、そこに斎藤十郎兵衛住んでいといったことが確認されていると、その信憑性が説かれました。
東洲斎写楽の幻の肉筆画
 さらに、2008年、ギリシャの国立コルフ・アジア美術館が収蔵する浮世絵コレクションの中にあった写楽の署名のある肉筆扇面画『四代目松本幸四郎の加古川本蔵と松本米三郎の小浪』の作品から、その筆のタッチが専門家のものでないという見識が出て、今まで言われていた、北斎説、歌麿説はあてはまらないことがわかり、やはり能役者斎藤十郎兵衛である、ということです。
 でもまだまだ謎は残る「東洲斎写楽」でした。
 国立博物館で開かれている「写楽展」には行くつもりでいます。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR