FC2ブログ

生麦事件

NHKの大河ドラマ「西郷どん」は「寺田屋事件」でした。
島津久光という人は、兄の斉彬と比較され、その評価はかなり低いです。
島津久光は、実は一度も藩主になったことはありません。しかし藩主の実父として薩摩藩の最高権力の座にあり、幕末にあって薩摩藩の影響力を強めるため、何度も上京しています。文久2年4月、文久3年3月、文久3年10月、慶応3年4月の4度です。
その最初の上京が、文久2年(1862)4月16日で、薩摩藩兵一千名を率いて、京都にのぼります。その上京の際、久光は有馬新七ら自藩の薩摩藩尊王派による倒幕の挙兵を聞き、粛正を命じます。その場所が、伏見の寺田屋でした。この事件を寺田屋事件と言います。
この4年後の慶応2年(1866)1月23日、薩長同盟の締結直後に寺田屋へ宿泊していた坂本龍馬を伏見奉行所の捕り方が包囲、坂本龍馬を捕縛しようとした事件も寺田屋事件です
寺田屋は、坂本龍馬の常宿で彼の妻となるお龍が働いていた船宿でした。(龍馬の方は別称「寺田屋遭難」と区別して呼ばれています)。
この寺田屋は2度も、歴史的に大きな事件の舞台となったのです。
さて、ここから、歴史の流れか見てもっと大きな事件、生麦事件が、生麦村で起こります。
事件当時の生麦村
<事件当時の生麦村。東海道にそった集落の神奈川宿寄りのはずれ、リチャードソン遺体発見現場(落馬地点)近辺と見られています。F.ベアト撮影>

島津久光は、ここから、朝廷の勅使・大原重徳(おおはらしげとみ)に随従する形で江戸に下り、幕政改革を要求します。そこで、幕府は一橋慶喜を「将軍後見役」に、前越前藩主・松平春嶽を「政治総裁職」に任じさせることに成功しました。
成功に、意気揚々と江戸からの帰途、文久2年(1862年)8月21日に久光一行が神奈川宿の手前の生麦村に差し掛かったときに事件は起こりました。
横浜在住のイギリス人商人・ウィリアム・マーシャルと友人のウッドソープ・クラーク、チャールズ・リチャードソン、それに香港から旅行に来ていたマーガレット・ボロデール夫人の4人は、騎馬で東海道を東へ向かっていました。
当時、横浜には多くの外国人が集まって、許されていた横浜から川崎までの見学は流行していました。
生麦村で久光の行列に出会った彼らは、「馬から下りて道端によけよ」という随行者たちの言葉や手振りで、引き返した方がよいと判断したものの、緊張し、また慌ててもいて、馬を引き回すことが出来ず、行列の方へと進んでいってします。おそらく藩士たちが激しく騒ぎ立てたため馬も興奮したのでしょう。馬は横向きになって行列を妨げます。
生麦事件現場
                                                           刃傷発生現場
これを久光に対する無礼暴挙とみなした薩摩藩士たちが切りつけてきます 。一番切りつけられたのは、チャールズ・リチャードソンでした。
『生麦之発殺』早川松山画
                                                       『生麦之発殺』(早川松山画)
とにかく4人は神奈川(横浜)方面へ騎乗のまま逃げすが、ボロデール夫人以外の3人はいずれも切りつけられていました。
そしてリチャードソンは現場から700メートルほど走ったところで力尽きて落馬し、追ってきた薩摩藩士たちに切りつけられ、海江田信義(かいえだのぶよし) によって、とどめを刺されます。
リチャードソンが殺された場所 記念碑

生麦事件碑 
碑には、事件当時の世情とこの地で非業の死を遂げた英国商人リチャードソンの死を悼む歌が記されています。橘樹郡区制の第三大区四小区の副戸長をしていた黒川荘三によって、明治16年(1885) に建てられたものです。

マーシャルとクラークはアメリカ領事館(本覚寺)へ逃げ込んで治療を受け、ボロデール夫人は横浜の居留地まで帰り着いて一部始終を報告しました。
これが、生麦事件の大まかな状況です。
そして、薩摩藩は生麦事件に対するイギリスの賠償要求を拒否したため、翌文久3年(1863年)7月に薩英戦争が起きます。薩摩藩はその戦いで、近代化の必要性を痛感し、攘夷(じょうい)論から開国論に転じ、これを機に開国、明治維新の流れができたと言われています。
スポンサーサイト



東京都水道歴史館 学習ツアー

 文京区本郷にある東京都水道歴史館で「<館内学習ツアー>と<水の実験>を体験!」という催しがあり、行きました。小学生集まれー!というコピーがありましたが、100人以上の参加で、3分の2は大人、どちらかと言えば高齢の人が多いです。
 3階のホールで浄水場の仕組みのお話があり、水を濁らせ、その濁りを固まらす実験などしました。興味深かっかったのは、水を高い位置に流す仕組みです。江戸時代、神田上水、玉川上水を江戸市内に入れるため、木樋を走らせましたが、どこでも低い位置に土地があるわけでないので、どうしても高い位置に流さなくてはいけません。
 それをどうしたか。
 サイフォンの原理だそうです。
 Wikipedia の説明ではこうです。
 「サイフォン(siphon、ギリシア語で「チューブ、管」の意味)とは、隙間のない管を利用して、液体をある地点から目的地まで、途中出発地点より高い地点を通って導く装置であり、このメカニズムをサイフォンの原理と呼ぶ。発明者は水時計などを作った紀元前3世紀半ばのアレクサンドリアの技術者、クテシビオスではないかと言われている。」
 簡単の言えば、液体がもとの位置より高い地点へ運ばれる仕組みです。これには機密性が必要なのですが、江戸時代、木で、それをやっていたのです。
水道歴史館 サイフォンの原理の実験
水道歴史館 木樋 低い位置から高い位置へ
サイフォンの原理の実験と、千代田区丸の内の旧都庁舎跡地から発掘された木樋です。サイフォンの高所に上げています。手前の木樋は上の板が何枚にもなって隙間がありますが、後ろの高低差のある木樋は隙間がありません。
 東京都水道歴史館は2階が江戸時代、1階が明治以降現代までの「近代水道施設」関連の展示コーナーがあります。
御茶ノ水の懸樋(かけひ)(模型)
水道歴史館 水道橋の模型
神田川に懸けられた懸樋(水道管)=神田上水の水を渡すための水道の橋の模型です。50分の1でできています。写真の左側(現在の文京区)から右側(同・千代田区)に給水されています。現在の水道橋の地名は、この懸樋が由来となっています。左上は江戸で有名だったうなぎ屋さんです。
●上水井戸と長屋(模型と図)
水道歴史館 長屋の上水井戸の模型
水道歴史館 上水井戸の図
江戸の町人の多くは長屋に住んでいました。長屋には必ず共同の井戸が設けられていました。さおつるべで水を汲み上げています。
1階からひとつ。
蛇体鉄柱式共用栓
水道歴史館 蛇体鉄柱四季共用栓
明治から大正にかけて使われた共用栓。口が龍になっていますが、龍は蛇が大きくなったものと考えて蛇の名がついたようです。じゃぐち(蛇口)の名前のゆかりはここから来ています。
▼そして、今回初めて知ったのですが、館の裏側にあたる位置に石樋がありました。昭和62年から平成元年にかけて、文京区本郷で発掘された神田上水の石樋を、移築・復元したものだということです。そしてその向こうは本郷給水所公苑になっています。5月になると薔薇がきれいなのだそうです。

「江戸名所図会」に描かれた「内藤新宿」

江戸名所図会 内藤新宿
 江戸名所図会の「内藤新宿」です。
 季節はいつでしょう。
 右上に、四谷内藤新宿とあり、<節季候の来れば風雅も師走哉 芭蕉> とあります。
節季候は「せきぞろ」と読み、「節季(せっき)にて候」ということです。
その節季が来れば、師走だ、というので、季節は師走、12月です。
 節季候は、江戸時代の門付けのひとつで、12月の中旬ごろから3、4人1組で、紅白の紙を飾った編み笠、あるいはウラジロの葉をつけた笠をかぶり、白紙の前垂れに松竹梅などを描き、小型の太鼓を打ち、ささらを摺り合わせながら、「エ、節季ぞろエ節季ぞろ、さっさござれやさっさござれや」などと騒がしく、銭を乞いました。
 みんなは、暮れの忙しい時なので、早くどこかに行ってくれと、銭を与えたようです。
 この内藤新宿の名所図会では、旅籠屋の前で、節季候が騒いでいます。
 そばに、三味線を弾いていま女太夫が描かれていますが、この女太夫は、門口に立ち、求めに応じて曲を語りました。絵では、編み笠をかぶっていて、それは「鳥追い」と呼ばれるスタイルをしています。この鳥追いの格好は、正月になって、正月の15日まで門口に立つのが、本来です。
 「節季候」の言葉書きの下には餅つきが描かれています。
ずっと下の方にも、臼を転がし、杵を担いでいる男の姿が描かれています。餅つきは、家でつけるのは金持ちで、普通の家では人足がこうして臼や杵を運んで家の前で餅をつきました。
 左側の大きな旅籠屋は「和國屋」という名前が見えます。飯盛り女が魚屋を相手にしています。魚屋の1人が差し出しているのは蛸のようです。
 店の右奥には、鏡研ぎがいます。その鏡研ぎの前には1人の飯盛り女が座っています。当時の鏡は銅製だったので、時々こうして磨く必要がありました。
 寒い時に磨いたということですから、時機なのかもしれません。
 右下には、「味噌おろし屋」の看板が出ている店があります。
 道の真ん中には軽子が札を立て大きな荷物を担ぎ、そばに武士がついています。
 他にも馬に乗った旅人、女2人の旅人、松らしい荷物をつんだ馬なども描かれています。
 年末の内藤新宿が描かれた江戸名所図会です。

小野篁の伝説

 小野篁は平安時代の漢詩人,歌人として知られています。篁の歌は百人一首にも入っています。
 わたのはら 八十島かけて こぎ出ぬと 人には告げよ あまの釣船
 これは、篁が隠岐(おき)に流された時の歌です。
 なぜ流されたか。
 それは、33歳歳で 遣唐副使に任命され、 2度出帆したが難破してしまい、その後、遣唐大使の藤原常嗣ともめごとを起こして、病と称して乗船しなかったこと。さらに、大宰府で嵯峨上皇を諷する詩『西道謡』を作ったとことで、上皇の怒りに触れたのです。
 しかし、1年後には復帰し、出世していきます。51歳で亡くなっています。
 こうした表の話より、小野篁には、不気味な伝説があります。
 それは、小野篁は夜ごと井戸を通って地獄に降り、閻魔大王のもとで裁判の補佐をしていたというものです。
 エピソード的にひとつあげると、
 「篁がまだ学生であったときにある罪を犯しました。 そのとき、藤原良相(よしみ)が篁の弁護をしてくれました。
 それから何年か経ち、篁は参議となり良相も大臣となっていましたが、あるとき良相重病を患い、死にます。
 そして、閻魔大王の前で、罪を定められようとしたのですが、閻魔のかたわらに篁がいました。 篁は閻魔に『この人は、正直で良い人でまだこの世で必要な人だ。許してあげてくれないか』と言う。閻魔大王は『篁がそうと言うのならば、許してやろう』と 、良相は、生き返えらせたということです」
 小野篁が地獄は通ったという井戸は、京都嵯峨の福生寺(生の六道)と京都東山の六道珍皇寺(こちらは死の六道)にあったとされます。
 小野篁は、昼間は朝廷で働き、夜は冥府で働く。忙しい人です。
 六道珍皇寺境内の閻魔堂には、篁作と伝えられる閻魔大王と篁の木像が並んで安置されています。
 小野篁のものと言われる墓は京都市北区にありますが、なぜかその隣には紫式部のものと言われる墓があるがあります。これは愛欲を描いた罪で、地獄に落とされた紫式部を、篁が閻魔大王にとりなしたことに因縁すると言われています。
 どうしてこんな伝説が生まれたのかな、と思います。
 180㎝以上の大きな人だったそうです。遣唐使に任命されて拒否したような反骨精神からか「野相公」「野宰相」とも言われたそうで、何か恐れられていたのかもしれません。 『庶民に愛された地獄信仰の謎 』で、小野小町は閻魔さまと奪依婆の間に生まれた娘で、亡者を惑わす美女として働いていたのを篁が不憫に思って、あの世からこの世へ連れて来て、実の娘のように育てた、というのは、どうだろう、中野純さんは書いています。 おもしろいですね。

芥川龍之介の実父の牧場「耕牧舎」

 江戸時代の内藤新宿のいわば遊郭が明治に新宿2丁目に移転するのですが、その場所に、耕牧舎という、芥川龍之介の父親の牧場があったということです。
 新宿のことを今調べているのですが、芥川龍之介のことも気になって少し調べてみました。
 芥川龍之介は明治25年(1892)三月朔日(ついたち)東京市京橋区入船町(現・中央区明石町)に、父新原敏三、母フクの長男として生まれます。
 辰年辰月辰日辰の刻に生まれたため、竜之介と命名されました。
 11月が子の月、12月が牛月、1月は寅、ときて、3月は辰月になります。
 なんだか、神様の誕生といった感じですが、実は、大変な年に誕生しています。
 というのは、龍之介が生まれた時、父は42歳、母は33歳でした。これはどいちらも大厄の年で、龍之介は、大厄の子でした。
 そのため、捨て子扱になります。形式なのでしょうが、父、新原敏三の友人だった松村浅二郎が拾い親となります。
 新原敏三は、山口県人で、牛乳店を営み、入舟町と新宿に牧場を持っていました。
 龍之介の生後8ヶ月のころ、歯はフクが発狂します。
 やはり厄年なのですかね。
 そこで、龍之介は母の実家、当時本所区小泉町にあった芥川道章の家にあずけられます。
 母、フクの実家芥川家に預けられそこで養子となます。
 芥川という名前はここから来ています。
 芥川龍之介、良い名前ですね。
 芥川家には子供はなく、芥川道章は東京府土木課勤務でした。代々お数寄屋坊主として寛永寺に奉仕し、ていた、旧家で、家庭は江戸の文人的、通人的な面が多分にあったということです。一家揃って一中節を習い、道章は俳諧、南画、盆栽をたしなんでいました。
 同家には道章の妹フキ(フクの直姉で生涯独身だった)がいて子育ての人手には困らず、龍之介は、主にこの伯母フキの手で育てられ教育されたといいいます。
 さて、実父、新原敏三の新宿の牧場は、「耕牧舎」と言い、新宿2丁目から靖国通りに面して成覚寺の西側あたりの一帯の場所です。現在では区画も変わりビルに埋まっていますが、旧番地を記しておきます。東京府下豊多摩郡内藤新宿2丁目71番地。(ちなみに、夏目漱石の幼少のころ養子に出され、この近くに住んでいました)
 ホルスタイン種の牛を数棟飼育する約3000坪の牧場だったと言われます。
 そこへ、明治43年(1910)10月、芥川龍之介一家が、本所小泉町から転居してきました。その年の8月に本所の家が水害に遭い、9月に龍之介が第一高等学校に入学したことによると言われています。
 大正3年(1914)10月、田端に転居するまで高校生活をこの家を根拠にして過ごすことになります。。
 ただし、龍之介は、第一高等学校の2年の時には学校の寮に入っていますから、そんなに長くこの牧場の場所に住んでいたわけではないと思います。
 龍之介が第一高等学校を卒業するのが、大正2年(1913)です。
 ちょうどその時期、警視庁から牧場の移転命令が出ています。
 周辺の発展とともない、牧場の臭気が強く、環境にそぐわないというのがその理由です。 そして、牧場は廃業になります。その跡地は、しばらく放置されて「牛屋の原」と呼ばれ、子どもたちの良い遊び場になりました。
 そして、大正7年、内藤新宿の遊郭の移転先と指定されることになるのです。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR