FC2ブログ

御茶の水界隈 神田山 神田川、

お茶の水駅から神田駿河台界隈を歩いてみることにしました。
この数年で、特に聖口前、ニコライ堂あたりの風景がすっかり変わりました。
聖橋は、平成25年(2013)から「将来に貴重な遺産として残すべき重要な橋梁」ということで丁寧に「長寿命化工事」が行われています。いつになったら、終わるのだろうと思ったら、これまた2020年、オリンピックの年です。
駅もバリアフリーにするということなので、なかなか大変な工事です。
考えてみると、江戸時代、神田山を切り崩して造ったまちでした。
江戸普請 日比谷入り江_edited-1
御茶の水の向かい、聖橋の下を流れる川は神田川です。実はこの神田川も自然の河川ではなく、人工的に掘られた川です。
高台である「駿河台」は元来、本郷・湯島台と地続きで、その南端に位置し、「神田山」と呼ばれていました。
江戸に幕府を開いた徳川家康は、新たな町づくりのため、この神田山を切り崩し、江戸城の南に広がる日比谷入江(現在の日比谷公園、新橋周辺)を埋め立てました。
しかし、埋め立てによって、それまで日比谷入江の方に流れ込んでいた平川(神田川のもとになった川)の流れがとどこおることになり、洪水が頻発するようになります。
そこで現在の飯田橋付近から隅田川まで、分流としての水路を確保し、あわせて江戸城の外濠の役目も果たす「神田川」が開削されたのです。こうしてこの界隈は、本郷・湯島台から切り離され、現在の駿河台が形成されました。
外濠としての神田川は、江戸城の外濠を作る際に、自然河川だった「平川」のを活かして造られました。もともと平川の自然な流れは、飯田橋を過ぎて、九段下(俎板橋近辺)、平川門あたりを通り日比谷入り江に注ぐというものであったようです。
この流れは、日本橋川という名の内濠として残されますが、新たに、飯田橋あたりから左右にこの水を流す外濠を掘削したのです。
東側へは、今の水道橋、御茶の水橋、昌平橋を越え、外神田、内神田を貫いて隅田川へ流し込みました。 西南側は、今の飯田橋から市ヶ谷、四谷、赤坂、溜池を経て、汐留で江戸湾に入る流れに繋いでいきました。
それで、現在神田川と呼ばれている川は、江戸川橋から飯田橋に来て、そこから人口の川になり、東にまわる外濠の役目を果たして、隅田川へ流れます。
こうしてこの界隈は、本郷・湯島台から切り離され、現在の駿河台が形成されました。
プラットホームから見る神田川は、都心に残された小さな渓谷のような風情を持っています。江戸時代、安政4年(1857)の広重の「江戸名所百景」第47景の「昌平橋聖堂神田川」にはその雰囲気がもっと残っています。
広重 「昌平橋聖堂神田川]
それは、ここらあたりが、神田山を切り崩しての造成工事でした人口のもので、その名残が感じられるのでしょう。
その後、家康が隠居して移り住んでいた駿府で没すると、旗本(駿河衆)たちは、江戸城に近くて、富士山が望めるこの地に居を構えていきました。それが、この町のはじまりで「神田駿河台」の地名の由来になりました
ついでながら、この駿河台に屋敷を構えた旗本たちは、神田川の上水でなく、自前の井戸を持っていたようです。神田川の岸辺からは先の大戦後も湧水が見られたそうで、こうした地下水脈が水源となっていたようです。
お茶の水、湯島 切り絵図
スポンサーサイト



かつて“洲崎弁天”と呼ばれた「利田神社(かがたじんじゃ)」

高輪辺絵図
安政の古地図「芝 三田 二本榎 高輪邉絵図」です、
細い出島になっている先端に「弁財天」と書いてあります。
今ではこのあたり、まったくの陸地で、利田(かがた)神社があります。
この神社は、歌川広重の江戸名所道外尽にも描かれています。神社も昔は洲崎弁天と呼ばれており、品川沖の海岸、しかも洲にあったことがわかります。
洲崎弁財天社
砂州は目黒川によってできました現在の目黒川はまっすぐ東京湾に流れ込みますが、江戸時代は、東海道を過ぎたあたりで北に流れを変え、砂州を作り海に流れ込んでいました。周辺の道路の形を見ると、当時の目黒川の流路がわかります。
「品川浦の船だまり」
利田(かただ)神社のすぐ近くには、しながわ百景「品川浦の船だまり」。東京湾と繋がる水路に釣り船や屋形船が浮かぶ、昔ながらの光景です。
広重 江都名所 洲崎弁天境内
広重の洲崎弁財天社の浮世絵です。
歌川広重の名所江戸百景の一つにも描かれています。
広重の洲崎弁天
洲崎弁財天社は、寛永3年(1626)に、東海寺の沢庵が弁財天を勧請したのが始まりとされます。
当地一帯は安永3年(1774)から天保5年(1834)にかけて、南品川宿名主利田吉左衛門により埋め立て、開墾が進められ、開墾に携わった利田氏にちなんで利田新地と呼ばれるようになりました。同時に洲崎弁天も利田神社と名を変えます。
利田(かがた)神社
祭神は、かつては弁才天だったようですが、いまは市杆島姫命にかわっています。
神紋は、「波に三つ鱗」です。
「三つ鱗」の鱗は龍が大蛇となって海中に去る時に鱗を三つ落としたというところから来ているそうです。
江戸名所図会の洲崎弁財天社です。
江戸名所図会[洲崎弁財天社]
江戸名所図会の本文には「同所(富岡八幡宮のこと)の東の方、洲崎(すざき)にあり、別当を吉祥院(きちしょういん)と号す。云々」とあり、「此の地は海岸にして佳景なり。殊更弥生の潮昼(しおい)には都下の貴賎、袖を連ねて真砂の文蛤(はまぐり)を捜(さぐ)り、または、楼船(ろうせん)を浮かべて妓婦(きふ)の弦歌(げんか)に興(きょう)を催(もよお)すものありて、尤(もっと)も春色を添うるの一奇観たり。又、冬月(とうげつ)千鳥にも名を得たり」とあります。
江戸名所図絵には、鯨塚も描かれています。
鯨碑(鯨塚)
利田神社の横に鯨塚があります。
この鯨碑(鯨塚)は、寛政十年(1798)5月1日、前日からの暴風雨で、品川沖の浅瀬に打ち上げられた鯨を漁師たちが捕らえました。初めて見る鯨に江戸の人々は大騒ぎ。瓦版にも取り上げられ、江戸市中から見物客が詰めかけたそうです。
鯨の体長は9間1尺(約16.5メートル)高さ6尺8寸(約2メートル)の大鯨で、江戸中の評判になりました。
11代将軍家斉(いえなり)も浜御殿(現、浜離宮恩賜庭園)で上覧しました。
利田神社の隣にある、品川浦公園には、大きな鯨のモニュメントや、可愛らしくデフォルメされた鯨の遊具があります。
広場にある鯨のモニュメント
鯨のモニュメント

「新宿山ノ手七福神めぐり」

●七福神めぐり
「新宿山ノ手七福神めぐり」
七福神の信仰は、遠く室町時代中期『仁王般若経・下巻』にある「七難即滅・七福即生」という言葉に源を発すると言われ、人間の七福を七神にあてたものです。
江戸時代には「幸福を招く信仰」として、広く庶民の間に広がりました。元旦から七日までの間に、1年の福を招来するため、七福神を安置する神社・仏閣に参拝し、開運を祈る行事です。
●七福神めぐりの流行
江戸時代の初め、天海僧正は徳川家康から富国繁栄の方法を聞かれ、『仁王般若経』(仁王経)の「七難即滅 七福即生」をもとに、「家康公の徳」として、次ぎのような話をしました。
「公は長寿、冨財、人望、清簾、威光、愛敬、大量の七徳を備えたまい、困難な天下統一の大業を果たされ、平和な国土を築かれた。これは、寿老人の長寿、大黒天の冨、福禄寿の人望、恵比寿の清廉(正直)、弁財天の愛敬、毘沙門天の威光、布袋の大量の7徳すべてを兼ね備えたものと言うべきでしょう」
德川家康は大いに喜び、狩野探幽に宝船に乗った七福神の絵を描かせましたが、これを模写したものが各地に広まり、縁起が良い、おめでたいということで、七福神はしだいに民間信仰となって拡がってゆきました。
「七難即滅 七福即生」
七難とは太陽の異変、星の異変、風害、水害、火災、旱害、盗難です。
七福とは長寿、冨財、人望、清簾、威光、愛敬、大量です。
この七福は、七福神がもたらします。
7つの福(徳)を備えていれば、どんな荒波も乗り越え、目的地に着けるということです。
再度言えば、寿老人の長寿・大黒天の冨財・福禄寿の人望・恵比寿の清廉(正直)・弁財天の愛敬・毘沙門天の威光・布袋の大量です。
その徳を祈って七福神めぐりをしました。
まず、「新宿山ノ手七福神」
「新宿山ノ手七福神」は大正年中、布袋屋呉服店(ほてい屋百貨店)人形研究家有坂与太郎の発案とも、昭和9年、大久保の人中村正策の発案とも言われています。

中井御霊神社のクロマツ

林芙美子記念館は四ノ坂のところにあります。
中井2丁目には東から西へ、一ノ坂から八ノ坂まで、高台へむかって並んでいます。坂の下は妙正寺川へと向かいます。
八ノ坂
そして、一の坂から八の坂まで、すべて中井2丁目です。
落合地区で、中井という地名はどうしてついたのかと気になりました。
地名由来、やはり、諸説あるようです。
①.台地の中の井戸(湧水池・水源)のことだという説。
②.中井の中は上落合と下落合の中間、井は落合台地の麓に井戸が多かったことによるという 説。
③.上・下落合の間にあって仲良く暮らす意味の「中居」が転訛したな説。
この坂のある所は、妙正寺川によって削られた崖線で、バッケと呼ばれていました、おそらく湧水も多かったのでしょう。
ですから、2の中は、上落合と下落合の中間、井は落合台地の麓の泉で井だったからが妥当かと思います。
八の坂から望む後霊神社
その中井の総鎮守と言われるのは八ノ坂上にある中井御霊神社です。
ここは、賎かで樹木も多く、昔の鎮守の雰囲気を保っています、
訪れるといつも落ち着きます。神主さんの所で野菜も作っているようで、たくさんできたので、どうぞ持って行ってください、という箱が置いてありました。
3時すぎだったので、中は空っぽでしたが、良いなと思いました。
今年の3月、鳥居の近くのクロマツが新宿区の景観重要樹木に指定されました。
御霊神社のクロマツ
その指定の理由がなkなか良いので載せておきます。
「新宿区では、歴史性・文化性等を備える地域のシンボル的存在で、景観上の特徴があり、良好な景観形成に重要な役割を果たしていると認められる樹木を、景観法に基づく「景観重要樹木」に指定しています。」
まず、景観重要樹木について説明があります。
これまでの新宿区の景観重要樹木に指定された樹木は下記の3本です。
(1)第1号 幸國寺 イチョウ(雌木)
(2)第2号 幸國寺 イチョウ(雄木)
(3)第3号 薬王院 ケヤキ です。
(1)(2)は、新宿区の天然記念物にも指定されています。数年前、枯れてきているというので、枝がだいぶ切られて、寂しい状態になっています。
(3の薬王院には、牡丹を観に今年も行きました。
さて、クロマツです。
「今回、中井御霊神社(中井2-29-16)のクロマツ2本を景観重要樹木に指定しました。中井御霊神社は、古くから落合村中井の鎮守としてまつられています。
みどり豊かな境内のなかでも、推定樹齢100年超のクロマツは、八の坂通りの坂下から見上げた時に人々の目を引き、落合地域の坂道景観を特徴づけています。
備射祭絵馬
また、文政13年(1830年)に中井御霊神社に奉納された備射祭絵馬にも鳥居の近くにマツの木が描かれているなど、クロマツが備射祭の様子を現代に継承する歴史的・文化的価値の高い樹木であることが分かります。
この樹木を、先人から受け継いだ区民共通の資産として保全・継承し、地域の魅力向上に生かしていきます。」
景観重要樹木 中井御霊神社のクロマツ 1
八ノ坂からでなく、鳥居の前の坂からの眺めがすてきです。2本の松が、大きく空に伸びています。
大きな樹木と素朴な景色、少しくすんでいる感じがなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。
縄文から奈良時代の遺跡も発掘され、土地の歴史の厚みもありがたいです。

大田南畝の墓(本念寺)

お七の事件が有名になったのは、お七が処刑された3年後。貞享3年(1686)、井原西鶴によってお七が取り上げられたことによります。しかし、太田南畝の『一話一言』にお七が出てきますが、それが書かれた天明5年(1785)には円乗寺の墓は荒れ果てていたようです。
岡本綺堂の「夢のお七」(昭和9年10月)に大田蜀山人の「一話一言」のことが出てくるので、その所を引用します。
八百屋お七の墓
大田蜀山人の「一話一言」を読んだ人は、そのうちにこういう話のあることを記憶しているであろう。
八百屋お七の墓は小石川の円乗寺にある。妙栄禅定尼と彫られた石碑は古いものであるが、火災のときに中程から折られたので、そのまま上に乗せてある。然るに近頃それと同様の銘を切って、立像の阿弥陀を彫刻した新しい石碑が、その傍かたわらに建てられた。ある人がその子細をたずねると、円乗寺の住職はこう語った。
駒込の天沢山龍光寺は京極佐渡守高矩の菩提寺で、屋敷の足軽がたびたび墓掃除にかよっていた。その足軽がある夜の夢に、いつもの如く墓掃除にかようこころで小石川の馬場のあたりを夜ふけに通りかかると、暗い中から鶏が一羽出て来た。見ると、その首は少女で、形は鶏であった。鶏は足軽の裾をくわえて引くので、なんの用かと尋ねると、少女は答えて、恥かしながら自分は先年火あぶりのお仕置をうけた八百屋の娘お七である。今もなおこのありさまで浮ぶことが出来ないから、どうぞ亡きあとを弔ってくれと言った。頼まれて、足軽も承知したかと思うと、夢はさめた。
不思議な夢を見たものだと思っていると、その夢が三晩もつづいたので、足軽も捨てては置かれないような心持になって、駒込の吉祥寺へたずねて行くと、それは伝説のあやまりで、お七の墓は小石川の円乗寺にあると教えられて、更に円乗寺をたずねると、果してそこにお七の墓を見いだした。その石碑は折れたままになっているが、無縁の墓であるから修繕する者もないという。そこで、足軽は新しい碑を建立こんりゅうし、なにがしの法事料を寺に納めて無縁のお七の菩提を弔うことにしたのである。いかなる因縁で、お七がかの足軽に法事を頼んだのか、それは判らない。足軽もその後再びたずねて来ない。
以上が蜀山人手記の大要である。案ずるに、この記事を載せた「一話一言」の第三巻は天明五年ごろの集録であるから、その当時のお七の墓はよほど荒廃していたらしい。お七の墓が繁昌するようになったのは、寛政年中に岩井半四郎がお七の役で好評を博した為に、円乗寺内に石塔を建立したのに始まる。要するに、半四郎の人気を煽ったのである。お七のために幸いでないとは言えない。

この話は、幕末四谷の旗本石原治三郎が彰義隊に加わり、この円乗寺で、同じくお七の鶏を見たという話で興味深いのですが、今回は大田蜀山人、大田南畝がお七のことを書き、岡本綺堂がそのことを記したということで止めておきます。
というのは、白山神社の近くに大田南畝の墓があります。
大田南畝は、同時に天明期を代表する文人・狂歌師。牛込御徒町(人気の神楽坂の一帯)下級武士の子として生まれました。号は四方赤良、晩年は蜀山人。
墓があるのは、本念寺です。
日蓮宗寺院の本念寺は、信弘山と号します。本念寺は、玄等院日量上人(寛文11年1671年寂)が開基開山となり創建したといいます。
白山通りを北上して。白山4丁目の本念寺へ。門前に「大田南畝の墓」案内板があります。境内に入ると「ひと声掛けてからお入り下さい」の張り紙があったもで、ご挨拶をして入りました。奥に入って左に行ってくださいと丁寧にご案内いただきました。
「南岳大田亨之墓」
まずは大きな自然石加工の「南岳大田亨之墓」。これは末裔の画家にして文人。「まっ黒な土瓶つつこむ清水かな」の句と、大正六年七月十三日 行年四十五の碑文。
「南畝大田先生之墓」
その奥の巨石「南畝大田先生之墓」。こちらには一切の墓碑銘はありません。
遺族に墓碑銘を刻む経済的余裕がなかったとかとも言われていますが、みんなよく知っているからとも言えます。
「大田自得翁之墓」
 隣のお墓は「大田自得翁之墓」。南畝の父・吉左衛門さんのお墓でしょう。
裏にまわると小さな墓石が二つ。左は寛政五年「晴雲妙閑信女」の戒名で、側面に「不知姓賎為字・・・」の墓碑銘。「姓を知らず賎を字と為す…」で、南畝が吉原から身請けした三保崎さんこと「お賎(しず)さん」のお墓。
「お母さん」「お賎さん」の墓
その隣(右)は「信行院妙理日得大姉之墓」で教育熱心だった母・利世のお墓でしょうか。他に妻・里与、息子の定吉夫婦と子供たち、さらには南畝を看取っただろうお香さんの墓など多数あったはずも今はありません。
永井荷風は「礫川徜祥記」に「・・・われ小石川白山のあたりを過る時は、必本念寺に入りて北山南畝両儒の墓を弔ひ、また南畝が末裔にしてわれ等が友たりし南岳の墓に香華を手向くるを常となせり」と記しました。同随筆は大正13年に本念寺を訪ねた直後の記。
昭和16年10月27日の『断腸亭日乗』にば「…団子坂を上り白山に出でたれば原町の本念寺に至り山本北山累代の墓及大田南畝の墓前に香花を手向く。南畝の墓は十年前見たりし時とは位置を異にしたり。南岳の墓もその向変りたるやうなり」。
いいいろ動いて奥さんの鼻kなどは消えてしまったのでしょうか。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR