FC2ブログ

観て歩いた岡山城

岡山城の後楽園側を半分しか歩いていませんが、少し載せてみます。
■天守閣、後楽園側
旭川からの天守閣
■廊下門
廊下門
門扉の上に敵を迎え撃つための部屋を備えています。部屋は本段と中の段を結ぶ城主専用の廊下としても使用され、廊下門と呼ばれました。
■不明門(あかずのもん)
不明門全景
本段御殿の正門。中の段から本段への上り口にある櫓門。本段御殿と表書院(中の段)の往来には北側の廊下を通ったため、この門は、閉じられていました。今はここを通って天守閣に向かいます。
階段を振り返りましょう。戦いが始まった時、門の前の部分に土を盛るようです。埋めてしまうのです。
そうすると、完全に明かずの門になります。埋門の作りです。写真は内側から撮ったものです。
埋門
■六十一雁木上門(ろくじゅういちがんぎうえもん)
六十一雁木
 本段から川手に通じる石段道の上にある門で、段が61段あったことからこう呼ばれました。写真は、門の中の石段です。
■天守閣
岡山城上面
宇喜多秀家が岡山城の象徴に建築した三層六階建ての望楼形天守閣で、城郭建築物に天守閣が出現して発展し始めた時期の構造的特徴を伝えていました。
■天守閣の様式
壮大な天守閣
 岡山城天守閣は、大入母屋造りの基部に、高楼を重ねた、「望楼型」と呼ばれる様式です。
外観を見ると、外壁に黒塗りの下見板を張っているため全体的に黒色が強調された姿をしており、それに金箔瓦が彩を添えています。
金の鯱というと名古屋城ですが、烏城 岡山城にも金の鯱があり、金の鯱や鬼瓦、軒瓦と黒漆塗りの外見板とのコントラストは、とても美しいです。
そういうことで、岡山城は「烏城」「金烏城」という名前でよばれます。
そして、この天守は、その形から、信長の造った安土城に似ていると言われています。
正面から見た時の、下層の大きな形、地形に沿っているのでしょうが、8角形の構造など、類似点があるようです。
■複合式天守閣
塩蔵と天守
一見ひとつの建物のように見えますが、岡山城天守閣の西側三分の一は、塩蔵と呼ばれる別の櫓です。このような渡櫓なしで直接櫓が天守閣に付属している形式を「複合式天守」といいます。
■月見櫓
月見櫓
2代目藩主の池田忠雄が岡山城の増改築に際して、本丸搦め手に備えて建てた江戸時代初期の隅櫓です。
2階の城内側は廻り縁側を設けて開け放した佇まいで、日常の生活にも使用できるような構造となっていて、名前のとおり月見にも適していました。国の重要文化財です。
月見櫓 横
■石垣
「野面積(のづらづみ)」
石垣に目をやると、現在広い範囲に残っている石垣の殆んどは、昔のままの状態で保存されていることで、全国的にもあまり例がないことです。
打ち込み接ぎ
そのような築城時の「野面積(のづらづみ)」そして江戸時代初頭「打込ハギ(うちこみはぎ)」、さらにその後の「切込ハギ(きりこみはぎ)」と各時期の石積みを見ることができます。
特に本丸本段の野面積による高石垣は、この時期の全国有数の遺構といえます。
天守の「野面積(のづらづみ)」
こうした石垣の石は、岡山藩の領土・犬島から運ばれて来ました。海を渡り旭川を上って来た石の数は、なんと2万8000個にも及ぶそうです。
旭川沿いの公園にその石を運ぶ筏と修羅の模型がありました。
修羅と筏の模型
修羅の案内

岡山城

戦災で焼ける前の岡山城の写真です。
戦災前の岡山城
岡山城は、備前国の宇喜多直家が築いた石山城が元となり、その子どもの宇喜多秀家が豊臣秀吉の指導のもとで築城したものです。
備前の国邑久の在だった宇喜多直家が、岡山の地・石山の城にいた金光宗高を亡ぼして城郭を拡張し入城したのは天正元年(1573)の秋でした。それまでは金川の松田氏に属する小城に過ぎなかったのですが、直家はこの城を本拠として城下町の経営に着手しました。
直家の子どもの宇喜多秀家は、豊臣秀吉の庇護を受け、直家の遺領である備前、美作のほかに備中の内の高梁川以東をも加え、57万石の大藩主となります。
宇喜多氏顕彰の碑
そして、秀吉の意見に従い石山の東に本丸を移し、城郭の拡張整備を行い、慶長2年(1597)、天守閣が落成します。
もう少し岡山城の歴史を辿ると、宇喜多秀家は、慶長5年(1600)の戦いで西軍の総大将となって出陣、戦いに敗れ、八丈島へ流されてしまいます。(上の写真は、直家入城400年を記念し、岡山市発展の礎を築いた宇喜多父子を顕彰するためこの碑を建立したものです)
戦いの跡、岡山城には、西軍を裏切った小早川秀秋が入城します。
小早川秀秋は、岡山城の拡充、城下町の整備を積極的に進めますが、がわずか2年足らずで病死し、跡継ぎがなかったので、小早川家は断絶してしまいます。
その後、慶長8年(1603)に姫路城・城主池田輝政の子、池田忠継に備前一国が与えられ、池田忠継が岡山城に入ります。
そして、寛永9年(1632)に忠雄の子・光仲と鳥取藩の利隆の子・光政(輝政の嫡孫)の間で国替えが行われ、光政が岡山城に入ります。以後明治まで光政の系統、つまり池田家宗家が岡山城主で岡山藩を治めました
宇喜多秀家による天守閣の築城は、現在天守閣の立つ場所「岡山」という名の小さな丘の上に、新しく旭川の流れをつけかえて、掘削した土砂を盛り上げ、上中下三段の地形を造成しました。そして天正18年(1590)から本格的な城づくりを開始しました。
途中、秀吉の朝鮮半島への侵攻には、総大将として出陣しましたが、帰ってくるとすぐに工事を継続し、慶長2年(1597)の天守閣の完成で一応城づくりの全工事を完了しました。起工以来実に8年にも及ぶ大事業でした。
昭和41年(1966年)に再建された岡山城の天守閣です。
後楽園の方から見た岡山城

海蔵寺 「身禄行者の墓」

白山神社の周辺を調べていたら、もう一つ大事な場所を見落としていました。
海蔵寺の身禄行者の墓です。
白山神社の富士塚にお参りして、こんなに近くにあるのに、身禄行者の墓にお参りしないのは、片手落ちと雨の中お参りしてきました。
海蔵寺門
海蔵寺には、東京メトロ南北線本駒込駅から本郷通りを南へ歩き、都立向丘高校前の交差点を左折してまっすぐ行くと到着します。
お寺は、曹洞宗大智山海蔵寺。
入り口からすぐの墓地に入って、少し行くと、黒い溶岩の山があって、案内が出ているのですぐに分かりました。
身禄行者の墓 鳥居
身禄行者こと、食行 身禄(じきぎょう みろく)は、寛文11年(1671)年から享保18年(1733)の人です。
身録のお墓
元禄元年(1688)に江戸で富士行者月行に弟子入りし、油売りを営みながら修行を積みました。身禄という名前は、釈迦が亡くなって56億7千万年後に出現して世直しをするという弥勒菩薩から取ったものです。
食行 身禄は、庶民の苦しみを救おうと、享保18年(1733)6月10日、63歳の時、駒込の自宅を出立して富士山七合五勺目(現在8合目)にある烏帽子岩で断食行を行い、35日後に入定しました。
入定とは真言密教の究極的な修行のひとつで、断食による宗教的自殺です。即身仏になるための修行です。
身禄の教えは、広く庶民の信仰を集め、現世に不満を抱く人々から熱狂的に迎え入れられ、新興宗教団体としての「富士講」が誕生することとなります。
墓の周りの石仏
お墓は、富士山をかたどった溶岩で出来ていて、ここには、身禄行者の骨が分骨埋葬されているといわれます。山なので、通称「身禄山」と呼ばれます。
身録山の字
横から

なお、この海蔵寺の近くには、もう一つ、富士塚があります。駒込富士神社です。
駒込富士神社は、海蔵寺から本郷通りをまっすぐ王子方向に歩いていくと、六義園手前の富士神社入り口交差点近くにあります。
そこも入れての散策コースが出来そうです。
富士塚は、富士山に登れない高齢者や女性のために、誰でも登れる手軽な富士山として都内各地に造られました

文京区 白山神社

白山神社 鳥居
天暦年間(947~957)7に加賀一宮「白山比咩神社」を現在の本郷一丁目の地に勧請したのが始まりと伝えられます
加賀国の「白山比咩神社=しらやまひめじんじゃ」は「はくさん」ではなく「しらやま」で、「しらやまさん」と愛称されます。
白山神社 社殿額
祭神は菊理姫尊(ククリヒメノミコト)伊奘諾尊(イザナギノオミコト)、伊弉冊尊(イザナミノミコト)です。
菊理媛は、古事記には登場していません。日本書紀にもほんの一言だけ登場する神さまです。
「神産みで伊弉冊尊(イザナミ)に逢いに黄泉を訪問した伊奘諾尊(イザナギ)は、伊弉冊命の変わり果てた姿を見て逃げ出した。しかし泉津平坂(黄泉比良坂)で追いつかれ、そこで伊弉冉尊と口論になる。そこに泉守道者が現れ、伊弉冉尊の言葉を取継いで「一緒に帰ることはできない」と言い、菊理媛神が何かを言うと、伊奘諾尊はそれを褒め、帰って行った」とあります。
神が何を言ったかは書かれておらず、また、出自なども書かれていません。
この説話から、菊理媛神は伊奘諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせたとして、縁結びの神とされています。
元和年間(1615~1624)に2代将軍秀忠の命で、巣鴨原(現小石川植物園内)に移りましたが、5代将軍職につく前の館林候綱吉の屋敷の造営のため、明暦元年(1655)に現在地に再度移りました。
この縁で、白山神社は、綱吉と生母桂昌院の厚い帰依を受けました。
明治時代初め、准勅祭社の制度が定められた際、その12社のうちの1社となります。その准勅祭社に指定された神社のうち、都区部にある10社は現在、東京十社を名乗っています。
白山神社 社殿
社殿は、昭和8年ごろの建築です。
地主神である摂社八幡神社の本殿は、昭和50年建造で、木造の八幡造です。
境内は戦後植えられたアジサイの名所となっています。
●江戸名所図絵の白山権現社
白山神社江戸名称図絵
珍しく裏門方向から描かれています。表門には門前町がびっしり。しかも境内には、旗桜。祠(ほこら)もたくさんあります。

●切り絵図の白山神社
白山神社 切り絵図
切絵図に「八幡太郎ハタカケサクラ」の表記あり、また「富士」と描かれています。境内裏側にある富士塚です。
切絵図にある「アイノミチ」は、道=T字路、追分の意味のようです。
源氏の旗桜です。写真は、花の時期ではありませんが。
御神木 旗桜

駒込の大円寺 ほうろく地蔵

大円寺(嘉永七年1854年尾張屋刊江戸切絵図より)お七の墓のある大乗寺の近くに大円寺があります。大円寺の門
天和(てんな)の大火は、天和2年(1682)12月28日、その大円寺塔頭の大竜庵かから出火し、北西風により延焼、28日(正午ごろから翌朝5時ごろまで延焼し続けました。焼失した武家屋敷241・寺社95など。 死者は3500名余と推定されています。
お七の一家も焼け出されました。お七のゆかりでお七火事とも言われますが、お七が火付けした火事ではありません。八百屋お七はこの火事では被害者です。また、お七の火付けは小火で、すぐ消されています。
この大円寺には、ほうろく地蔵があります。
ほうろくの積まれるお地蔵さん
これは、お七の大罪を救うため、熟せられた胞賂を頭に乗せ、お七の身代わりとして、焼かれる苦しみに耐える地蔵として安置されたものだそうで、享保4年(1719)渡辺九兵衛という人がお七の供養にと寄進したものとされています。
ほうろく地蔵
ほうろく地蔵は、頭痛・眼病・耳・鼻の病など首から上の病気を治す霊験あらたかなお地蔵様として有名になりました。
ほうろくは「ごまなどを煎るための素焼の土鍋」です。
頭にほうろく お地蔵さま
1枚2000円。患部や願いを書いて供えます。
中国の殷の時代、「ほうろくの刑」とよばれる残虐無比な刑罰がありました。
炎の上に、油を塗った銅板をおき、罪人を歩かせるというものです。
熱いから飛び跳ねます、その姿が焙烙ではじけるゴマなどに似ていることで、ほうろくの刑と称されたとか。火で焼かれる刑は、日本では、火あぶりの刑。
そこから来たのかどうか、お七の罪業を救うため、熱したほうろくを頭に被り、自ら灼熱の苦しみを受ける、そういうお地蔵さまが、ほうろく地蔵です。
ほうろく地蔵の前にはほうろくが多数奉納されています。
大円寺本堂
大円寺は慶長2年(1597)の開創で、はじめ神田柳原にありましたが、慶安2年(1649)現在地に移りそれから「駒込の大円寺」と呼ばれています。墓域には、幕末の先覚者であり砲術家の高島秋帆、明治時代の小説家・評論家の斉藤緑(1868~1904)の墓があります。

目黒にも大円寺があります。この目黒の大円寺は、江戸三大大火の一つといわれる明和の大火(行人坂の大火1772年)の火元です。そして、この寺は、現在八百屋お七の情人吉三ゆかりの寺になっています。大円寺本堂の並びの「阿弥陀堂」があります。この中にお七地蔵とともに、西運上人(吉三の後の姿)の像が祀られているのです。
吉三は出家して西運を名乗り、大円寺の下(現在の雅叙園のところ)にあった明王院に身を寄せたました。
西運は明王院境内に念仏堂を建立するための勧進とお七の菩提を弔うために、目黒不動と浅草観音に1万日日参の悲願を立てます。往復10里の道を、雨の日も風の日も、首から下げた鉦しょうをたたき、念仏を唱えながら日参しました。そして、27年後に明王院境内に念仏堂が建立された。しかし、明王院は明治初めごろ廃寺になったので、明王院の仏像などは、隣りにあった大円寺に移されたのです。
プロフィール

作州浪人

Author:作州浪人
「隠居」と言った方が良い境遇にありますが、心の在り方としては「素浪人」でありたいと思っています。なお作州浪人はあの宮本武蔵にちなんでいます。郷里が近いのです。
 またバックに使わせてもらっている手拭いの模様、「鎌」に「輪っか」にひらがなの「ぬ」。「かまわぬ」といかにも江戸人の気っ風が感じられ、好きです。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR